このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 医療・福祉 > 健康 > お知らせ > 特定外来生物「ヒアリ」について

特定外来生物「ヒアリ」について

(H29.7.26更新)

ヒアリ(画像)

  「ヒアリ」は県内では確認されておりませんが、攻撃性が強く、刺された場合、体質によってはアナフィラキシーショック(急激で重度なアレルギー症状)を起こす可能性があるなど、人体にとって危険な特定外来生物です。

注意点

  • 「ヒアリ」は強い毒性を持つため、たとえ死んでいても個体を素手で触らないでください。
  • 「ヒアリ」と疑われるような個体や巣を見つけた時は、刺激(個体を踏みつける、巣を壊す等)しないようにしてください。

刺されたら

症状
  • 【軽度】
    刺された瞬間は熱いと感じるような、激しい痛みを感じます。やがて、刺された痕が痒くなります。その後、膿が出ます。
  • 【中度】
    刺された部分を中心に腫れが広がり、部分的又は全身にかゆみをともなう発疹(じんましん)が現れることがあります。
  • 【重度】
    息苦しさ、声がれ、激しい動悸やめまいなどを起こすことがあり、進行すると意識を失うこともあります。これらの症状がでた場合には重度のアレルギー反応である「アナフィラキシー」の可能性が高く、処置が遅れると生命の危険も伴います。
対処方法

ヒアリの毒への反応は人によって大きく異なります。

  • 【刺された直後】
    20~30分程度は安静にし、体調の変化がないか注意してください。
  • 【容態が急変した場合】
    体質によっては、重度の症状となる場合があります。容体が急変したときは 救急車を要請するなど、すぐに医療機関を受診してください。その際、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーの可能性があること」を伝え、すぐに治療してもらってください。
特に注意が必要な方

ヒアリの毒は、ハチ毒との共通成分などが含まれており、ヒアリに刺された経験がなくてもハチ毒アレルギーを持つ方は特に注意が必要です。

「ヒアリ」かどうか確かめるために

参考リンク

(外部リンク、新しいウインドウが開きます)

 


 

 

Adobe Readerのダウンロードページ

(注) PDF形式のデータをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらよりAdobe Readerをダウンロードしてください。(無償) (外部リンク・新しいウィンドウが開きます)

お問い合わせ先
保健センター 「さんて郡山」
(〒639-1136 大和郡山市本庄町317-2)
電話 0743-58-3333
フォームでのお問い合わせはこちら

 

環境政策課 (窓口220番)
大和郡山市役所 (〒639-1198  大和郡山市北郡山町248-4)
電話 0743-53-1151 (内線571・572番)
FAX 0743-53-1049
フォームでのお問い合わせはこちら