このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 医療・福祉 > 医療 > 未熟児養育医療 > 未熟児養育医療について

未熟児養育医療について

平成25年4月1日から、未熟児養育医療の申請先は市役所になります。

未熟児養育医療とは?

身体の発育が未熟なまま生まれ、入院を必要とする乳児が、指定養育医療機関において入院治療を受ける場合に、その治療に要する医療費を公費により負担する制度です。
ただし、世帯の所得税額に応じて、入院治療費の一部は自己負担となります。

対象は?

次の1・2の条件をみたし、かつ、下記の症状を有し、医師が治療を必要と認めた方です。

  1. 満1歳未満の未熟児であること。
  2. 当該未熟児が大和郡山市内に住所を有すること。 

対象となる症状は?

  1. 出生時体重が2,000グラム以下の未熟児
     
  2. 生活力が特に薄弱であって、次のいずれかの症状を示す場合 
    【一般状態】
    ・運動不安、痙攣があるもの
    ・運動が異常に少ないもの
    【体温】
    ・体温が摂氏34度以下のもの
    【呼吸器・循環器系】
    ・強度のチアノーゼが持続するもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの
    ・呼吸数が毎分50を超えて増加の傾向にあるか、または毎分30以下のもの
    ・出血傾向の強いもの
    【消化器系】
    ・生後24時間以上排便のないもの
    ・生後48時間以上嘔吐が持続しているもの
    ・血性吐物、血性便のあるもの
    【黄疸】
    ・生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの

申請に必要なものは?

(テキストリンクをクリックすると、新しいウィンドウで開きます)

公費負担の範囲は?

指定養育医療機関における養育医療にかかる入院治療費のうち、医療保険適用後の自己負担額に対して公費負担されます。ただし、世帯の所得税額に応じて、治療費の一部は自己負担となります。
なお、保険適用とならない治療費等については公費負担の対象となりません。

自己負担金の納入は?

自己負担金については、入院後、概ね2~3か月経過してから、市から発行する「納入通知書」により、最寄りの金融機関でお支払いいただくことになります。指定養育医療機関では負担金を徴収しませんので、ご注意ください。
なお、納入された自己負担金は、乳幼児医療助成制度の助成対象となります。
申請時に同意していただける方は、自己負担金と乳幼児医療費助成金を相殺することもできます。


Adobe Readerのダウンロードページ

(注) PDF形式データをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらよりAdobe Readerをダウンロードしてください。(無償) (外部リンク・新しいウィンドウが開きます)

お問い合わせ先
保険年金課 医療係 (窓口101番)
大和郡山市役所 (〒639-1198  大和郡山市北郡山町248-4)
電話 0743-53-1151 (内線327・328番)
FAX 0743-53-1049
フォームでのお問い合わせはこちら