このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 医療・福祉 > 福祉 > 介護保険 > 介護保険料について

介護保険料について

第1号被保険者(65歳以上の方)の介護保険料と納付の方法は

1 第1号被保険者(65歳以上の方)の介護保険料について

第1号被保険者の介護保険料の額は、市民税の課税状況や、合計所得金額等に応じて、次の表のように保険料が決まります。(世帯主でない方や、所得がない方も含めて、原則として全ての65歳以上の方が第1号被保険者となり、保険料の納付義務を負います。)

(令和2年度 介護保険料)

段階対象者年間保険料
第1段階●世帯全員が市民税非課税で老齢福祉年金受給者
●生活保護の受給者
●世帯全員が市民税非課税で課税年金収入金額と合計所得金額(注)の合計が80万円以下の人
21,000円
第2段階世帯全員が市民税非課税で、課税年金収入金額と合計所得金額(注)の合計が80万円を超え120万円以下の人34,800円
第3段階世帯全員が市民税非課税で、課税年金収入金額と合計所得金額(注)の合計が120万円を超える人49,200円
第4段階本人が市民税非課税で、世帯に課税者がいる人で、 課税年金収入金額と合計所得金額(注)の合計が80万円以下の人61,800円
第5段階本人が市民税非課税で、世帯に課税者がいる人で、 課税年金収入金額と合計所得金額(注)の合計が80万円を超える人69,600円
第6段階本人が市民税課税で合計所得金額が120万円未満の人78,600円
第7段階本人が市民税課税で合計所得金額が120万円以上200万円未満の人87,000円
第8段階本人が市民税課税で合計所得金額が200万円以上300万円未満の人104,400円
第9段階本人が市民税課税で合計所得金額が300万円以上400万円未満の人111,600円
第10段階本人が市民税課税で合計所得金額が400万円以上600万円未満の人118,200円
第11段階本人が市民税課税で合計所得金額が600万円以上800万円未満の人130,200円
第12段階本人が市民税課税で合計所得金額が800万円以上1,000万円未満の人146,400円
第13段階本人が市民税課税で合計所得金額が1,000万円以上の人160,200円

(注)上表中第1~5段階の合計所得金額は、公的年金等に係る雑所得を除いた金額となります。
(注)介護保険料の算定においては、合計所得金額には、地方税法上の合計所得金額(収入金額から必要経費等を控除した金額で、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額)から、長期譲渡所得・短期譲渡所得に係る特別控除額を控除した金額を用います(平成30年度(2018年度)以降)。
(注)令和2年度から、第1~3段階の介護保険料が次のとおり引き下げられました。
    第1段階:年額26,400円→21,000円、第2段階:年額43,800円→34,800円、
    第3段階:年額51,000円→49,200円

新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について(令和2年度)

2 第1号被保険者(65歳以上の方)の介護保険料の納付方法について

介護保険料は、市民税の課税情報等を用いて算定し、毎年7月上旬に年間保険料や納付期限、納付方法等について通知します。
納付方法については、原則として、年6回の年金支給の際に、特別徴収(年金からの天引き)により納付いただきます。ただし、これにより難い場合は、普通徴収(納付書払い・口座振替)により納付していただきます。
特別徴収・普通徴収のいずれが適用されるかについては一定の条件が定められており、被保険者が任意に選んでいただくことはできません。

【特別徴収】年金からあらかじめ差し引かれます。

  • 対象となる人       老齢(退職)、遺族、障害年金が年額18万円以上の方
                 ただし、転入・65歳到達等により新たに本市の被保険者となった方、所得更
                                  正等により保険料額の減額更正があった方等については、一定期間普通徴
                                  収となります。
  • 納期限等          原則として、4月、6月、8月、10月、12月、2月の年金支給の際に、年金から
                                  の天引きにより納付していただきます。ただし、その年度の介護保険料の額
                                  は7月頃まで算定できないため、4月から8月までは、便宜上、前年度の月の
                                  納付額と同額を納付いただき(「仮徴収」といいます。)、7月に年間の介護保
                                  険料が決定された後、その決定された年間保険料から、4月から8月までの
                                  間に仮徴収により納付いただいた額を差し引き、その残額を10月から2月の
                                  3回に分けて納付いただきます。

仮徴収と本徴収のイメージ

【普通徴収】納付書や口座振替で収めていただきます。

  • 対象となる人       老齢(退職)、遺族、障害年金が年額18万円未満の人など、特別徴収するこ
                                  とができない人 
  • 納期限等           7月から2月までの毎月末日(休日順延)を納期限とする8回払いにて、納付書
                                  または口座振替によりお支払いいただきます

第2号被保険者(40歳から64歳までの方)の介護保険料と納付の方法は

第2号被保険者(40歳から64歳までの方)の介護保険料は、医療保険に上乗せして、医療保険料として一括で納めていただきます。保険料の計算方法や保険料額については、加入されている医療保険により異なります

たとえば・・・

国民健康保険加入者の方国民健康保険税の納入通知額に介護保険料が含まれており、国民健康保険税と一括して納付していただきます。
社会保険加入者の方社会保険料を給与天引きにより納付されている方は、社会保険料に介護保険料が含まれており、社会保険料と一括して天引きされます。
お問い合わせ先
介護福祉課 
介護保険係(窓口116番)
介護給付係(窓口117番)
大和郡山市役所 (〒639-1198  大和郡山市北郡山町248-4)
電話 0743-53-1151 (内線514~517番)
FAX 0743-53-1049
フォームでのお問い合わせはこちら