このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示サイト内検索
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 医療・福祉 > 福祉 > 障がい福祉 > 「こおりやまサポートブック」の改訂版を作成しました

「こおりやまサポートブック」の改訂版を作成しました

(大和郡山市地域自立支援協議会 教育部会)

「こおりやまサポートブック」とは

支援や配慮の必要な人が、初めて接する人(例えば、新しい担任の先生や支援者など)に、本人への特性や接し方について知ってもらうための情報を書いておくノートです。
大和郡山市地域自立支援協議会教育部会において平成23年度に作成し、5年経つのを機に平成28年度に見直しを実施し、「改訂版(H29)」を作成しました。

「こおりやまサポートブック」の使い方

こおりやまサポートブック表紙イメージ画像サポートブックには、主に下記の項目を記入しておきます。
(記入例は、こちらをご覧ください)

  • 要求の仕方や拒否の仕方など、コミュニケーションの取り方
  • 不安や過敏、パニックへの対応
  • 本人の好きな遊び、かかわり方や苦手なもの
  • 食事やトイレ、着替えなど、その時に必要な情報

そして、このサポートブックを、支援者の方との外出時や行きつけの店、学童保育や学校の先生などに渡しておきます。本人のことを知ってもらい、活動やかかわる時のヒントにしてもらい、地域生活や社会自立の支援に役立てていくと良いでしょう。

このサポートブックは、最初に作成したものを一生涯使うというものではありません。本人の発達や成長に応じて、その内容を書き換えていきましょう。必要なときに、必要な量だけ、相手に伝えておきたいことを書いてみましょう。実際に使ってみて、見てもらった人の意見を参考に更新していきましょう。すべての項目に情報を書き留める必要はありません。保護者同士で書いてみたり、学校の先生と一緒に記入してみるのも良いでししょう。

個人情報にかかわる内容も記入しますので、取り扱いは慎重に行ってください。このサポートブックに記載されている情報は、本人や保護者が必要と感じる相手だけが見ることができます。第三者に情報を提供することや、コピーなどをする場合には、必ず、本人や保護者の承諾が必要です。

ダウンロードはこちらから

サポートブック本体と記入例は、下記からダウンロードできます。


Adobe Readerのダウンロードページ

(注) PDF形式データをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらよりAdobe Readerをダウンロードしてください。(無償) (外部リンク・新しいウィンドウが開きます)

お問い合わせ先

  • 大和郡山市役所 厚生福祉課 0743-53-1151 (内線535・538)
  • 障害者生活支援センターりんく 0743-84-5159
お問い合わせ先
厚生福祉課 障害係 (窓口122番)
大和郡山市役所 (〒639-1198  大和郡山市北郡山町248-4)
電話 0743-53-1151 (内線535・538番)
FAX 0743-53-1049
フォームでのお問い合わせはこちら