このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市政 > 市の計画 > 環境基本計画 > 環境基本計画とは?

環境基本計画とは?

~自然と歴史と人が共に暮らす町づくりを進めるために~

身近な環境問題とは?

私たちの身のまわりには、様々な環境問題があります。たとえばレジ袋や食品のトレイは買い物のときは便利でも、後でゴミとなります。リサイクルをしてもいくらかのエネルギーを必要とします。また、街のあちこちで捨てられたごみが、景観を大変悪くしています。

地球環境にも影響!?

私たちの暮らしは、地球環境にも影響を与えています。たとえば、地球温暖化。自動車がガソリンを燃やす時発生する二酸化炭素は、地球温暖化の原因の一つと考えられています。温暖化により、地球規模では海面の上昇、日本でも植物の開花時期の早まりが観測されています。

よりよい環境にするために

私たちのまちでは、人々が古代から自然と調和した暮らしを続けてきました。今、私たちがすべきことは、「自然と歴史と人が共に暮らすまち」を将来に引き継いでいくことです。そのためには環境の問題を正しく認識し、何をすれば良いかを考え、身近なことから行動することが大切です。

大和郡山市の取り組みは・・・

大和郡山市は、市域の環境を現在から将来にわたって、より良くしていくため、環境基本条例を制定しました。この条例の中では、『環境保全に関する施策を総合的かつ計画的に進めていくために、環境基本計画を策定すること』と定められています。

環境基本計画の内容

環境基本計画では、様々な環境の問題を整理し、4つの環境の視点を設定しました。その各々について、現状はどうなのか、どのような環境が望ましいのか、それを実現するために私たちは何をしなければならないか、ということの基本的な枠組みを示しました。

市民と行政の協働による計画策定

環境は、市民・事業者・行政といった、市で生活するすべての人々に関わる問題です。この計画に市民の意見を取り入れるため「環境基本計画市民懇談会」を組織し、計画の策定作業を市民と行政の協働で行いました。さらに市民の意見を集めるために、環境フォーラムやアンケートを実施しました。

環境基本計画の位置づけは?

大和郡山市総合計画を環境面から支援するものです。

環境基本計画の期間は?

平成14年度から平成23年度までの10年間です。

環境基本計画の対象地域は?

大和郡山市全域を対象としています。

環境基本計画の進めかたは?

市民・事業者・行政が協働して進めます。

それぞれの環境に応じた具体策

各画像をクリックすると、詳細ページへ移動します。

生活環境の具体策(画像)安全・快適なくらし、持続的発展(災害のない安全なまち・心和む快適な暮らしができるまち・持続的発展ができるまち) 自然環境の具体策(画像)自然との共生(災害のない安全なまち・心和む快適な暮らしができるまち・持続的発展ができるまち)

地球環境の具体策(画像)地球環境の保全(地域環境にも配慮するまち) 参加・協働環境の具体策(画像) 市民・事業者・行政の参加(市民・事業者・行政が参加・協働するまち)