このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市政 > まちづくり > 地区計画 > 地区計画

地区計画

地区計画とは地区計画で定められるまちづくりのルール現在の地区計画指定箇所届出の手続き届出の必要な行為届出の時期手続きの流れ届出書類

地区計画とは

地区計画は、既存の都市計画を前提として、それぞれの地区の特性に応じて、良好なまちづくりの形成を図るために必要なことがらを市町村が定める「地区レベルの都市計画」です。

・区域の整備・開発及び保全に関する方針

まちづくりの全体構想を定めるものであり、地区計画の目標や土地利用の方針、地区施設や建築物等の整備方針を定めます。

・地区整備計画

まちづくりの具体的な内容を定めるものであり、上記の方針に従って、建築物等に関する制限などを詳しく定めます。

地区計画で定められるまちづくりのルール

  • 地区施設(生活道路、公園、広場、遊歩道など)の配置
  • 建物の建て方や街なみのルール(用途、容積率、建ぺい率、高さ、敷地規模、セットバック、デザイン、生垣化など)
  • 保全すべき樹木地

国土交通省の「地区計画等」のホームページ(外部ページ)はこちらから
(リンクテキストをクリックすると、新しいページが開きます)

現在の地区計画指定箇所

 

Adobe Readerのダウンロードページ

(注) 地区計画指定箇所のデータをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらよりAdobe Readerをダウンロードしてください。(無償) (外部リンク・新しいウィンドウが開きます)

届出の手続き

地区計画が定められている地区で下記のような行為を行う場合は、建築確認申請とは別に「地区計画の区域内における行為の届出」が必要です。
市では、届出された内容が地区計画に適合しているかどうかを審査し、適合通知書を発行します。また、適合していない場合は、設計変更などの指導・勧告をします。

届出の必要な行為

届出の必要な行為
 行為内容
土地区画の変更土地の区画の変更をいいます。
建築物の建築「建築物」には、車庫、物置、建物に附属する門なども含まれます。「建築」とは、新築、増築、改築、移転をいいます。
建築物の用途の変更建築物の用途を変更する場合をいいます。
建築物の意匠の変更建築物の色彩を変更する場合をいいます。
工作物の建設工作物を設置する場合をいいます。

届出の時期

当該行為の着手する日の30日前までに、市長に届出をしなければなりません。
ただし、建築確認を必要とする行為については、建築確認申請前に届出が必要です。

 

手続きの流れ

手続きの流れイメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

届出書類

添付書類
行為の種類添付書類
土地の区画の変更・設計図(1/100以上) 設計平面図、断面図、現況平面図
建築物の建築・配置図(1/100以上)敷地内における建築物などの位置を示したもの
・立面図(1/100以上、2面)、断面図(1/100以上、2面以上)、各階平面図(1/100以上、建築物の場合)
 (城ヶ丘住宅地区:北側斜線明示のこと   昭和工業団地地区:隣地斜線明示のこと)
・敷地求積図(1/100以上)敷地面積の算出根拠を表示したもの
・建物求積図(1/100以上:城ヶ丘住宅地区のみ) 建築又は建設面積、建築延べ面積の算出根拠を表示したもの
・敷地断面図(1/100以上)
・植栽配置図(1/100以上:昭和工業団地地区のみ)
建築物の用途の変更・配置図(1/100以上)敷地内における建築物などの位置を示したもの
・各階平面図(1/100以上)
建築物の意匠の変更・配置図(1/100以上)敷地内における建築物などの位置を示したもの
・立面図(1/100以上、2面)(建物の色彩明示のこと)
工作物の建設
(昭和工業団地地区のみ)
・配置図(1/100以上)敷地内における建築物などの位置を示したもの
・立面図(1/100以上、2面)
共    通・位置図(1/2500程度)
・委任状

 

 

お問い合わせ先
都市計画課 計画係 (窓口406番)
大和郡山市役所 (〒639-1198  大和郡山市北郡山町248-4)
電話 0743-53-1151 (内線674番)
FAX 0743-53-1049
フォームでのお問い合わせはこちら