このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市政 > 市の取り組み > リニア新駅誘致 > 第4回『「奈良県にリニアを!」の会』の開催と提言書の奈良県知事への提出について(平成29年7月24日)

第4回『「奈良県にリニアを!」の会』の開催と提言書の奈良県知事への提出について(平成29年7月24日)

第4回『「奈良県にリニアを!」の会』を開催
~「リニア新駅を大和郡山へ」、再度、提言書を採択~

  平成25年12月に結成され、現在は、会員の奈良県内35市町村長と顧問の奈良県議会議員20人で構成される『「奈良県にリニアを!」の会』の4回目となる総会が、DMG MORI やまと郡山城ホールで開催されました。

  まず、「リニア時代の地域づくり」と題して、リニア中央新幹線がもたらす効果等の研究調査に携わっておられる、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 執行役員兼主席研究員 加藤 義人さんに講演いただきました。

講演の様子写真

  続いて、「奈良県にリニアを!」の会を、今後も継続的に運営していくために、事業計画などの議案が承認されました。
  また、詳細なルートや駅位置がいまだ決まっていない現状に関して、奈良県として一致結束して取り組んでいくため、「県内の候補地一本化と、奈良県内の各地と高い交通結節性で結ばれた大和郡山市に中間駅を設置すべきこと」、「名古屋~大阪間の早期事業化と東京・大阪間の一日も早い全線開業を目指すとともに、全線開業の8年間前倒しを確実なものにすること」、「リニア中央新幹線の車両基地の県内設置」について提言書を取りまとめ、同日、荒井正吾奈良県知事に手渡すことを決定しました。

総会の冒頭でのあいさつの様子   

『「奈良県にリニアを!」の会』役員名簿

(平成28年7月28日選出)

  • 会    長 : 橿原市長 森下   豊
  • 副会長 : 御所市長 東川   裕
  • 副会長 : 高取町長 植村 家忠
  • 監    事 : 上牧町長 今中 富夫

提言書・名簿


上記の総会が開催された後、総会で採択されたリニア中央新幹線中間駅の大和郡山市への設置等を求める提言書を、同会会長の森下橿原市長、同会副会長の東川御所市長・植村高取町長、同会監事の今中上牧町長と上田大和郡山市長が奈良県庁を訪れ、荒井奈良県知事に提出しました。

決議書を手渡す様子


Adobe Readerのダウンロードページ

(注) PDF形式データをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらよりAdobe Readerをダウンロードしてください。(無償) (外部リンク・新しいウィンドウが開きます)