このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市政 > 市の取り組み > 水木十五堂賞 > 第8回 水木十五堂賞 受賞者の紹介

第8回 水木十五堂賞 受賞者の紹介

四代目 旭堂 南陵氏 写真

よだいめ きょくどう なんりょう  
四代目 旭堂 南陵 

1949年、堺市にて生まれる。
1967年、近畿大学入学と同時に旭堂南陵に師事。
1973年、大阪府立大学、大学院修士課程修了農学修士。
1978年、「旭堂小南陵」襲名。真打ち昇進。
2006年、三代目旭堂小南陵から四代目「旭堂南陵」を襲名。
2011年、寄席芸人初の博士号取得(大阪芸術大学)

《受賞歴》
1980年、松尾芸能大賞新人賞
1982年、大阪文化祭奨励賞
1985年、講談奨励賞   
1985年、国立花形若手金賞
1987年、大阪府民劇場奨励賞
1999年、上方お笑い大賞審査員特別賞
2001年、芸術祭優秀賞
2004年、大阪文化祭賞グランプリ
2011年、芸術祭大賞 受賞

選考理由

近代文学に大きな影響を与えたにもかかわらず、埋もれてしまっていた講談の速記本を約50年かけて蒐集され、解説本の出版やその研究によって博士号を取得され、大阪芸術大学の客員教授も務められるなど、幅広い活躍及び研究が高く評価されている。

四代目 旭堂 南陵 氏 受賞コメント

この度は水木十五堂賞を授与くださり、本当に嬉しい限りです。芸に関しては、芸術祭大賞等多く受賞していますが、私自身の博士論文にスポットを当てていただいた事は、無上の喜びです。
講談の速記本は近代文学に大きな影響を与えたにもかかわらず、芸能そのものが蔑まれていたため、雲散霧消し古書市で見かけることもなくなりました。五十年かけて集めてきた努力が報われました。審査員はじめ関係者の方々に改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

主な蒐集品

明治期の演芸速記本など古書約1万点