このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 観光・イベント > イベント > 記憶力大会 > 記憶力大会・自慢の部

記憶力大会・自慢の部

  記憶力大会「自慢の部」は、一般の部(一般的な自慢)と古事記の部(古事記に関する自慢)に分かれ、円周率や駅名、古事記の暗唱など大量の情報を記憶している方に発表をしていただき、記憶量・記憶内容や題材のユーモア性などの基準によって審査する部門です。
  発表は、ステージ上で生出演していただきます。個室で審査員を前にした面接方式ではありません。また、マイクを使った衆前での発表になりますので、会場の方に見えない、ペーパーでの書き出しなどはお断りしています。
  (注) ただし、ホワイトボードを使っての発表は認めています。

記憶力大会「自慢の部」の様子の写真(その1)記憶力大会「自慢の部」の様子の写真(その2)
記憶力大会「自慢の部」の様子の写真(その3)

  発表する題材は、公序良俗に反しないものであり、かつ、内容の正確性が客観的に確認できるものに限られます。(友人知人の氏名、個人の出来事など、発表者しか正確性の検証ができないものについては審査に支障をきたすためです。)

【参考】
円周率、国旗・国名、サラリーマン川柳、1901年~2100年の曜日、般若心経、
数の位(一、十、百、千・・・) 、列車名と走行区間、国の名前190ヵ国、駅名(近鉄)、
ジュゲム、天皇125代・内閣総理大臣88代、歴代将軍・首相、百人一首、古事記 など

  発表は、午後に行う形となります。一人の持ち時間は、出場人数にもよりますが、概ね一人4分以内です。従って、記憶量によっては、記憶内容をすべて発表できません。そのような場合は、例えば「50番目からの内容は?」「7896・・・」というふうに、司会者とのやりとりで部分発表をしていただくことになります。
  なお、自慢の部では、年齢区分はなく、審査員の評価合計が最も高い方が阿礼賞となります。

記憶力大会に関するお問い合わせ先
記憶力大会実行委員会事務局 (生涯学習課内)
〒639-1007 大和郡山市北郡山町529-1
電話 0743-53-1156
フォームでのお問い合わせはこちら