このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 観光・イベント > イベント > 国民文化祭・全国障害者芸術文化祭2017 > 国文祭・障文祭なら2017 「現代詩(ことば)の祭典」 11月25日(土)開催

国文祭・障文祭なら2017 「現代詩(ことば)の祭典」 11月25日(土)開催

現代詩の祭典 ちらし画像

第32回 国民文化祭・なら2017 第17回 全国障害者芸術・文化祭なら大会
「現代詩(ことば)の祭典」
~時空を超えて 心ときめく~

入場無料申込不要

全国各地から応募のあった現代詩の作品から選ばれた各賞の発表と表彰、現代詩に関する講演などを行います。意外と興味深い、現代詩の世界へようこそ。

日程会場プログラム主催同時開催イベント

日時

平成29年11月25日(土)
13時00分~17時00分
(終了予定)
(12時30分開場)

会場

DMG MORI やまと郡山城ホール 大ホール
(奈良県大和郡山市北郡山町211-3)

プログラム

オープニングアトラクション
「阿礼さま踊り」

阿礼さま踊り

日本最古の歴史書「古事記」の編さんに携わり、お話の神様として地元で親しまれている稗田阿礼(ひえだのあれ)を祀る賣太神社(大和郡山市稗田町)で、毎年8月16日に執り行われる阿礼祭において、地元平和校区のこどもたちを中心に奉納される踊り。「阿礼さま音頭」は、昭和5年に開催された第1回阿礼祭において制作され、「あれ様祭子供の歌」は50回目に制作されたもの。阿礼祭は、今年で88 回目を数えました。
ことばによって古事や古代人の心を伝えた稗田阿礼。ことばと文字でその思いを伝える現代詩。そんな縁から、今回オープニングとして、平和地区の子どもたち約20人に阿礼さま踊りを披露していただきます。

表彰式
~入賞作品発表・作品披露~

2017年4月~6月にかけて、「自由なテーマ」と「奈良県にちなんだ地名・固有名詞などを詠み込んだ詩」を、また、小学生未満の子どもから心温まる おもしろい「ちびっこ のことば」を募集しました。
全国から応募のあったそれぞれの部門で審査を行い、入賞作品を決定。今回、表彰式として優秀な作品を表彰し、その一部の作品を受賞者に朗読していただきます。
(入賞・入選作品集を当日会場ホール内・ホワイエで販売します(1冊500円))

現代詩に関する講演

(1)「小野十三郎とふるさと大和郡山」 講師:倉橋 健一氏

倉橋健一氏倉橋 健一氏プロフィール:
1934年京都市生まれ。日本現代詩人会会員。1955年「山河」同人。以後大阪文学学校に関わるなど大阪に留まって表現活動を続ける。1972年「白鯨」同人。現在は「イリプス」同人。近著に詩集『化身』『唐辛子になった赤ん坊』、評論集に「倉橋健一選集6 巻」、朝日新聞に「倉橋健一の詩集を読む」などコラム他を執筆中。

(2)「古代人の魂と詩 ― 折口信夫 ―」 講師:西村 博美氏

西村博美氏西村 博美氏プロフィール:
1948年奈良市生まれ。関西学院大学大学院神学研究科博士前期課程修了。奈良民俗文化研究所研究員、日本現代詩人会会員、日本現代詩歌文学館評議員。詩集『手袋を脱ぐ』(吉本隆明跋、地虫詩社、1982年)、『八右衛門の鶫』(弓立社、1984年)、『においの記憶』(浮游社、1988 年)、『今日の午後』(大阪文学学校・葦書房、 2000年)など。奈良新聞に『なら民俗通信』を連載中。


大和郡山にゆかりの詩人パネル展示

大和郡山にゆかりのある詩人、小野 十三郎(おの とおざぶろう)・森口 武男(もりぐち たけお)や、折口信夫(おりくち しのぶ)の経歴などをパネルで紹介します(大ホールホワイエにて)。

大和郡山市を巡ってみませんか!

大和郡山市観光ボランティアガイドが、郡山城下町を案内します。
受付:当日10時00分~12時00分にDMG MORI やまと郡山城ホール 大ホール入口付近にて
(事前予約不要)
問い合わせ先:大和郡山市観光協会 電話0743-52-2010

大和郡山と現代詩

小野十三郎と大和郡山
小野十三郎は、大正末期から昭和初期にかけて活躍した詩人。1954年に大阪文学学校を創立し初代校長を務め、関西の文化振興のために尽力しました。幼少期を大和郡山で過ごし、郡山城跡の城址会館近くには「ぼうせきの煙突」の詩碑が建っています。

郡山城跡の詩碑
大和郡山のシンボル・郡山城跡のあちこちに点在している歌碑や句碑・詩碑。そのなかに、少年時代を郡山で過ごした小野十三郎氏の詩碑「ぼうせきの煙突」や、森口武男氏の詩碑「金魚とねこ」があります。

ぼうせきの煙突 詩碑金魚とねこ 詩碑
ぼうせきの煙突 詩碑
(城址会館横)
金魚とねこ 詩碑
(郡山高校沿い)

詩碑位置図

(注)内容については、変更の可能性もありますのでご了承ください。

主催

文化庁 奈良県 奈良県教育委員会 第32回国民文化祭奈良県実行委員会 第17回全国障害者芸術・文化祭実行委員会 大和郡山市 大和郡山市教育委員会 第32回国民文化祭大和郡山市実行委員会 日本現代詩人会 日本詩人クラブ 国民文化祭なら現代詩部門実行委員会 


郡山・女のまつり イメージ画像

「第27回 郡山・女のまつり」同時開催
会場周辺で実施!(10時00分~16時00分)

大和郡山の女性団体が力を結集してつくりあげるまつりです。
各種模擬店・とくとく抽選会・フリーマーケット、子ども向けのあそびの広場 などおとなもこどもも楽しめるイベント盛りだくさん。
「現代詩の祭典」とあわせてお楽しみください。
 ちらしは、こちらからご覧ください
(PDF形式872KB・新しいウィンドウで開きます)


Adobe Readerのダウンロードページ

(注) PDF形式データをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらよりAdobe Readerをダウンロードしてください。(無償) (外部リンク・新しいウィンドウが開きます)

お問い合わせ先
第32回国民文化祭大和郡山市実行委員会 事務局 企画政策課 (窓口203番)
大和郡山市役所 (〒639-1198  大和郡山市北郡山町248-4)
電話 0743-53-1151 (内線246番)
FAX 0743-53-1049