このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 観光・イベント > 観光 > 観光情報 > 郡山城~続日本100名城・日本さくら名所100選~

郡山城~続日本100名城・日本さくら名所100選~


郡山城について

郡山城は筒井順慶の築城(1580年)に始まる大和でもっとも大規模な城郭で、近世期には、豊臣家、水野家、松平家、本多家、柳澤家の居城となりました。
城郭は徐々に整備されましたが、早くも豊臣秀長の時代にほぼ完成し、増田長盛(ましたながもり)の外堀普請(ふしん)によって城郭の規模が定まったとされています。すなわち、郡山城は内堀、中堀、外堀という三重の堀に囲まれた惣堀(そうぼり)の構えを持つものであり、この中に城郭の中心部や武家地、城下町が配置されたのでした。
現在、天守は残っていませんが、天守郭、毘沙門郭(びしゃもんかく)、法印郭(ほういんかく)などの城郭中心部は奈良県の史跡に指定され、内堀や石垣が良好に残っています。近年、追手門・追手向櫓・東隅櫓などの門や櫓(やぐら)が復元され、往時の威容をしのぶことができるようになりました。一帯は「郡山城跡公園」として公園化されており、散策道も整備されています。2017年には「続日本100名城」(財団法人日本城郭協会選定)のひとつに選ばれました。
また、古くから桜の名所としても知られ、春になると城跡一帯が桜の花で包まれ、この時期に開催される「お城まつり」にはたくさんの人で賑わいます。1990年には「日本さくら名所100選」(公益財団法人日本さくらの会選定)のひとつに選ばれました。

郡山城のみどころ郡山城の四季とイベントアクセス

郡山城のみどころ

天守台展望施設

郡山城天守台は、築城から400年以上が経過し、天守台の石垣は変位、変形、破損が進み、崩落する危険が生じたために天守台への立ち入りが禁止されていました。こうした状況の下、安全に天守台登り、郡山城の歴史的な景観や奈良の原風景の眺望を享受できるように、天守台石垣の修理と施設の修景を行い、展望の場所、視点場を整備することになり、2013年度から2016年度の4か年にわたって石垣の修復と展望施設の整備事業が行われ、2017年3月に完成しました。
展望施設からは、大和郡山のまちなみの他、若草山から三輪山のやまなみと、平城京大極殿・薬師寺などの史跡など、奈良盆地を一望することができます。歴史を感じながら、眺望をお楽しみください。

天守台展望施設については、こちらのページをご覧ください


お城の桜

郡山城跡には、堀を囲うように約1,000本のソメイヨシノ等の桜が植えられ、「御殿桜」とも呼ばれています。「日本さくら名所100選」にも選ばれています。桜の花が咲く頃にあわせて開催される「お城まつり」には、時代行列や夜桜など多彩なイベントも実施され、各地から多くの見物客でにぎわいます。


追手門・追手向櫓・追手東隅櫓

追手門は、市民活動により、豊臣秀長の増築当時に近い形で昭和58年(1983年)に復元されたもの。続いて追手向櫓・多聞櫓・追手東隅櫓などが昭和62年(1987年)にかけて復元され、往時の姿を偲ぶ事ができます。

さかさ地蔵(天守台)

豊臣秀長が城を増築する際、周辺の寺院等から石をかき集め天守台北面に逆さに積み込んだものです。


柳澤神社

本丸跡にある神社で、明治13年に旧郡山藩士等によって創立。祭神は江戸幕府 五代将軍・徳川綱吉の側用人 柳澤吉保(やなぎさわよしやす)。


柳沢文庫

歴代藩主自筆の書物、絵画をはじめ数々の貴重な文化遺産を所蔵しています。
詳しくは、柳沢文庫のページをご覧ください
(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)


城址会館(旧奈良県立図書館)

明治40年に奈良興福寺境内に奈良県立図書館として竣工。昭和45年に当所に移築された、浅瓦葺き木造2階建て。現在、普段は教育施設として活用されています。


鷺池

奈良県立郡山高等学校(二の丸屋形跡)の南側にある池で、内堀として利用されていました。護岸に親水遊歩道が作られていて、春には桜が、秋冬には鷺などのたくさんの野鳥を見ることができます。

「石垣の語り部」がご案内します

郡山城天守台を「郡山城天守台石垣の語り部」が説明・案内します。
土・日曜日と祝日の10時~16時(冬季は15時まで)、現地に常駐し、郡山城の歴史や石垣の石積みについて、天守台展望施設からの景観などを無料で説明・案内します。
おそろいの青いジャンバーが目印。お気軽にお声がけください。
(雨天等で中止の場合があります)
問合せ:大和郡山市役所 地域振興課(電話0743-53-1151 内線563)

郡山城の四季とイベント

郡山城(周辺)で開催されるイベントをご紹介します。
四季折々の郡山城とともにお楽しみください。



さくら
(3月~4月) 



つつじ
(4月~5月)



紅葉
(11月~12月)




(2月~3月)

大和郡山盆梅展
(2月上旬~3月中旬)

2004年の市制50周年を記念して始まった「盆梅展」。復元されたお城の櫓という厳かな雰囲気の中で、市内愛好家が丹精こめて育てた盆梅約120鉢を楽しめます。
詳しくは、こちらのページをご覧ください

大和郡山お城まつり
(3月下旬~4月上旬)

もともと、郡山城の石垣に組み込まれた石仏を供養するために行われた祭りで、現在は、桜の花が咲く頃にあわせて、時代行列や夜桜など多彩なイベントとともに開催。各地から多くの見物客でにぎわいます。
詳しくは、こちらのページをご覧ください

親子まつり
(11月)

「小さな子どもからおとなまで楽しめるおまつり」をコンセプトに、毎年クラフト・模擬店など多彩な催しを、郡山城跡一帯を会場に開催します。

アクセス

電車・バスで

近鉄郡山駅(近鉄橿原線)から徒歩約7分
JR郡山駅(JR大和路線)から徒歩約15分
(法隆寺・西ノ京方面から) 奈良交通バス「やまと郡山城ホール」バス停から徒歩約5分

車で

西名阪道「郡山IC」または「大和まほろばスマートI」Cから北へ
第二阪奈「中町ランプ」から南へ
京奈和道「郡山南IC」から北へ
(注)城跡周辺の駐車スペースに限りがありますので、公共交通機関をご利用ください

観光バスでお越しの方へ

郡山城跡から徒歩約5分の「元気城下町バスパーク」をご利用ください!(要事前予約)
場所や予約・利用方法など、詳しくはこちらのページをご覧ください

【郡山城跡周辺地図】


大きい地図を見る(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)