このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 子育て・教育 > 子育て > 予防接種 > 子どもの予防接種

子どもの予防接種

(2019.4.09更新)

予防接種の予診票は、生後1~2カ月頃にお届けします。
転入された方(7歳6カ月未満のお子さん)には、これまでに受けられた予防接種を確認させていただき、接種履歴の確認後に必要な予診票をお届けします(予防接種履歴アンケートは転入後1か月後頃にお届けします)。
お手元にない方はさんて郡山までご連絡ください。

予防接種の実施方法

  • 場所 : 市内指定医療機関(一覧表はこちら(PDF形式))
    実施日や予約の有無は医療機関で確認してください。
    やむをえず市外で接種される場合は事前に手続きが必要です。母子健康手帳と予診票を持って保健センター「さんて郡山」までおこしください。
  • 費用 : 無料
    ただし対象年齢・接種間隔以外のものは任意接種(有料)となります。
  • 持ち物 : 予診票、母子健康手帳、健康保険証
乳幼児の場合

接種を受ける前に「予防接種と子どもの健康」の冊子などの説明書をお読みください。
母子健康手帳を必ずお持ちください。
お送りしてある予診票を記入のうえ体調の良いときに受けてください。

小・中学生の場合

必ず保護者同伴で接種を受けてください。

長期療養児の特例について

長期にわたり療養を必要とする病気にかかっていたために、定期予防接種を対象年齢内に受けることができなかったと認められた場合は、長期療養特例として定期予防接種を受けられます。詳しくは、保健センターへお問い合わせください。

次の予防接種までの接種間隔

接種の際は、医師とよく相談のうえ、他の予防接種との間隔に十分ご注意してください。

  • 生ワクチン(BCG、麻しん・風しん、水痘)は、次の予防接種までに27日以上おく。
  • 不活化ワクチン(ポリオ、ジフテリア、百日せき、破傷風、Hib、小児肺炎球菌感染症、日本脳炎)は、次の予防接種までに6日以上おく。

子どもの予防接種一覧

ヒブ(Hib)感染症

標準的な接種スケジュール(接種間隔)については、こちらをご覧ください(PDF形式671KB)


小児の肺炎球菌感染症

標準的な接種スケジュール(接種間隔)については、こちらをご覧ください(PDF形式671KB)


B型肝炎

4種混合:ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ(DPT-IPV)
または、
3種混合:ジフテリア・百日せき・破傷風(DPT)
不活化ポリオ(IPV)

(注)3種混合を接種するには、こちらのページをご覧ください。


BCG

水痘(水ぼうそう)

麻しん・風しん

日本脳炎

(注)特例措置については、こちらをご覧ください


2種混合:ジフテリア・破傷風(DT)

(注)個人通知あり


ヒトパピローマウィルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)

(注)現在、接種を積極的にはおすすめしていません。詳しくは、こちらをご覧ください。


 

注射を持ったすこやかちゃんのイラスト

 


Adobe Readerのダウンロードページ

(注) PDF形式データをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらよりAdobe Readerをダウンロードしてください。(無償) (外部リンク・新しいウィンドウが開きます)

お問い合わせ先
保健センター「さんて郡山」
〒639-1136 大和郡山市本庄町317-2
電話 0743-58-3333
FAX 0743-58-3330
フォームでのお問い合わせはこちら