このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市政 > 広報 > 撮れたてニュース > 撮れたてニュース2015(11月分)

撮れたてニュース2015(11月分)


平成27年(2015年)11月分


平成27年11月30日(月)
地域ほのぼのサロン ボランティア研修会開催

研修会の様子写真

「地域ほのぼのサロン」でのボランティア活動に役立てていただこうと、社会福祉会館でこの日、サロンのボランティアのみなさんを対象にした研修会が開かれました。テーマは「サロンで脳を活性化 みんなで認知症予防」。講師はNPO法人かいご職人工房の田中 裕子さん。
研修会には、たくさんのボランティアさんが参加され、田中さんの説明に耳を傾けておられました。また、脳を活性化させるリハビリゲームでは、みなさん、楽しんで学んでおられました。
講師の田中さんは「笑顔で楽しむことが大切です」と話していました。
「地域ほのぼのサロン」とは、高齢者が住み慣れた地域、歩いて行ける場所で社会参加、交流ができる地域住民による集いの場所です。このサロンは市内に19カ所あります。

平成27年11月29日(日)
「ささえ、支えられ」~感動いきいき・愛さんさん~郡山・女のまつり開催

ワークショップの様子写真

秋晴れのこの日、郡山城跡で「郡山・女のまつり」が開催されました。(郡山・女のまつり実行委員会主催)
女のまつりは、女性8団体の会員が中心となって、男女共同参画社会の更なる推進を目的に、1人ひとりの出番と居場所をつくり、交流を深め、女性の力を結集する機会とその輪を広げる機会としています。

ワークショップの様子写真

城址会館前の広場では、みかんくじ引き、みたらし団子や手作りコンニャクなどの模擬店、特設ステージではやまと獅子太鼓の演奏などがありました。
(写真)赤飯、手作りコンニャクを販売されたJAならけん女性部のみなさん、来場者に笑顔いっぱいで販売されていました。主催した実行委員会は「たくさんの人に来場していただき、模擬店も昼過ぎには完売し、女のまつり大成功です」。

平成27年11月28日(土)
第7回「大和郡山市子ども駅伝大会」開催

子ども駅伝大会の様子写真スタートダッシュ

快晴のこの日、総合公園施設を会場に、第7回大和郡山市子ども駅伝大会が行われ、市内在住の小学4 年生以上の男女各3 人・計6 人で構成する、計24チームが出場し競われたほか、個人のタイムトライアルも実施されました。

子ども駅伝大会の様子写真 子ども駅伝大会の様子写真

駅伝競走では、1周2kmのコースを、仲間とともに1本のたすきを次につないで走り抜く選手たちの姿が。応援に駆け付けた保護者のみなさん、学校の先生からは、熱い声援がかけられていました。
結果、優勝は昭和小学校「昭和6年」チーム、準優勝は郡山北小学校の「桝川井三中」チーム、3位は郡山南小学校の「最強ハンター」チームに。
この大会の個人記録を元に、来年3月に開催される、第11回市町村対抗子ども駅伝大会に出場する選手が決まります。

平成27年11月27日(金)
高専ロボコン2015全国大会~奈良高専が優勝!

ワークショップの様子写真
写真左より山西さん(5年)、上田市長、高岸さん(4年)、菅田さん(5年)

11月22日(日)、東京・両国国技館で開催された、第28回アイデア対抗・全国高等専門学校ロボットコンテストで、奈良高専(ロボット名「大和」)が優勝しました。奈良高専は、全国大会で優勝するのは初めてのこと(近畿が全国大会で優勝するのも初)。しかもロボコン大賞も同時に受賞されました。

ワークショップの様子写真  ワークショップの様子写真 

市長に優勝報告をする奈良高専チームのメンバー。市長より「この優勝で何を得ましたか」との問いに、(Aチームのチームリーダー)山西さんは、「チームワークです。チームワークで優勝を勝ち取りました」と笑顔で話していました。

平成27年11月26日(木)
第2回 近鉄郡山駅まちづくりワークショップ開催

ワークショップの様子写真  ワークショップの様子写真

ワークショップの様子写真  ワークショップの様子写真

10月1日に引き続き2回目の近鉄郡山駅まちづくりワークショップを開催。26名参加。前回は、近鉄郡山駅周辺を将来どのようなまちにしたいかを意見し、今回は、将来のまちの像を実現するためにどうすれがよいかを提案しました。

平成27年11月26日(木)
大和郡山ライオンズクラブ結成50周年 記念植樹式典

記念植樹の様子写真

大和郡山ライオンズクラブが結成50周年記念活動として市へ寄贈された「しだれ桜」の記念碑除幕式、植樹土入れ式が中央公民館(三の丸会館)前広場で行われました。市長は「この桜が咲くお城まつりの頃が楽しみです」とお礼を大和郡山ライオンズクラブのみなさんに笑顔で話しました。

平成27年11月26日(木)
「城守募金」を寄贈いただきました

寄贈式の様子写真

平成27年11月14日(土)・15日(日)の両日に開催された「郡山城天守台石垣整備工事現場見学会」の会場で行われた郡山城天守台「城守募金」。明日のお城と城下町を考える会のみなさんによって行われ、見学会に参加いただいた多くの方々からいただいたこの募金を、市に寄贈いただくことになり、贈呈式が行われました。「寄附いただいた方の思いを強くできるよう、形として残るようなものに、活用できれば」と応じました。

平成27年11月22日(日)
自治体連携プロジェクト「柳沢吉保サミット」開催

サミットの様子写真

写真左より、山梨県北杜市 白倉市長、埼玉県川越市 伊藤教育長、東京都文京区 成澤区長、上田市長、山梨県甲府市 樋口市長、遊田議長。

柳沢吉保公・柳沢家にゆかりのある自治体が集い、歴史や功績を新たな視点から議論するサミットがこの日、やまと郡山城ホールで開かれました。

サミットの様子写真  サミットの様子写真

まずは「柳沢吉保~その虚像と実像~」と題した、福留 真紀 長崎大学准教授の講演。「悪名は江戸時代の読み物などのイメージ」など話された。

サミットの様子写真  サミットの様子写真

続いて、「一緒に考えてみませんか、いかにして悪名は作られたか」をテーマしたパネルディスカッションでは、コーディネータ―に経営ジャーナリストの疋田 文明さん、パネリストには柳澤家11代当主の柳沢 保徳さんと講演の福留さんを加えた7人で話し合われました。

平成27年11月20日(金)
ひょうたんたんぼの収穫米でおにぎりパーティー

おにぎりパーティーの様子写真  おにぎりパーティーの様子写真

矢田南幼稚園でこの日、おにぎりパーティーを開いた。おにぎりに使ったお米は、幼稚園にあるひょうたんたんぼで園児が田植え、稲刈りして収穫したものです。パーティーでは、自分たちお米で握ったおにぎりを園児は笑顔いっぱいで頬張っていました。
奥田園長は、「どのようして、このおいしいおにぎりが出来たのか、園児は田植え稲刈りの実践で学んだと思います」と話していました。

おにぎりパーティーの様子写真  おにぎりパーティーの様子写真

(写真上)奥田園長は、いつも幼稚園に協力してくれている(田んぼの先生)東さんに、幼稚園を代表してお礼の絵手紙を園児の「ありがとう」の言葉と一緒に手渡しました。この絵手紙は、「おいしさを伝えたい!感謝の絵手紙」で「いただきます賞」を受賞されました。

平成27年11月16日(月)
市立小学6年生・中学3年生による「裏込め石に想いを込めて」

訪問の様子写真

11月14日(土)・15日(日)の郡山城天守台石垣整備工事 現場見学会で実施された「裏込め石に想いを込めて」。解体した石垣を積み直すときに使用するこぶし大の石「裏込め石」に、自分の想いを墨書きするというこの企画。
これにあわせ、来春に卒業を控えた市立小学校6年・中学校3年の全54学級が、それぞれの想いを未来に残そうと学級でアイデアを出し合い、同じように裏込め石に書き記しました。そのうち今回は、郡山中学校の3年生9学級(計292人)の代表9人が市長に直接届けに市役所を訪れました。

訪問の様子写真

「夢」というひと文字や、文化祭でクラスみんなで歌った歌の歌詞など、さまざまな内容で、クラスみんなの想いを込めた裏込め石。「見えないところでも支えられるような石になってほしい」との願いもこめて、市長に手渡しました。
次見られるのは400年後になるかもしれないもの。書き記した夢や想いを未来につなげ、郡山城を支え続けます。

平成27年11月16日(月)
関東・東北地方の水害被災地へ義援金~郡山西中学校生徒会

郡山中学校の義援金の手渡し写真

平成27年9月の台風18号による豪雨により、関東・東北地方などの広い範囲で浸水や土砂災害などの大きな被害が発生したことを受け、被災地のみなさんに何かできることはないかと、郡山西中学校の生徒会が中心となって募金活動を実施されました。
10月1日から学校内と、校内行事の際に保護者に協力いただいたほか、市内商業施設(アピタ大和郡山店)でも10月に2回ずつ実施。そこで集まった義援金を、生徒会の代表5人がこの日市役所を訪れ、市長に手渡しました。

郡山中学校の義援金の手渡し写真

「思っていた以上に募金に協力してくれ、たくさん集めることができて良かった。小さい子どもにも募金をしてもらったり、がんばってと声をかけられたことが印象に残っている」と、募金活動の感想を語ってくれたみなさん。
義援金は、市を通して、日本赤十字社(「台風18号等大雨災害」義援金)に届けられます。

平成27年11月16日(月)
プロバスケットボールチーム「バンビシャス奈良」の2選手が市長を表敬訪問

訪問の様子写真

平成27年10月に開幕したプロバスケットボール「bjリーグ2015~2016シーズン」に参戦している「バンビシャス奈良」のジュリアス アシュビー選手・桝本 純也選手と加藤代表が市役所を訪問。市長にシーズン前半の報告をされました。
12月に大和郡山市の総合公園施設で行われる公式戦を控え、また、後半戦に向けて、「さらに練習を重ね、勢いをつけていきたい」と市長に力強く意気込みを話してくれました。
大和郡山市では、平成28年2月・3月にも公式戦が開催される予定です。

平成27年11月16日(月)
大和郡山カトリック幼稚園 感謝の訪問

訪問の様子写真  訪問の様子写真

私立大和郡山カトリック幼稚園(永慶寺町)の園児(年長児)42名が、勤労感謝の日を前に、感謝の気持ちとお礼の言葉を伝えに、市役所に来てくれました。市長・教育長が代表して、感謝の花束を受け取りました。

平成27年11月16日(月)
高専ロボコン2015~奈良高専、全国大会へ「優勝します!」

表敬訪問の様子写真

平成27年11月23日に東京・国技館で開かれるロボコン全国大会に出場する、奈良工業高等専門学校Aチームの3選手が、市長に意気込みを語りました。
先月、開催された近畿地区大会で準優勝し全国大会に挑むのは、写真左より(5年)山西さん、(5年)菅田さん、(4年)高岸さん。チームリーダーの山西さんは「昨年の雪辱を晴らし、必ず優勝します」と勝利への熱意を話し、市長は「優勝の報告をまっています」とエールを送りました。
今回、大会のエキシビションで高専Bチームも招待されました。ロボットは「金魚がらの衣装を着た武者ロボ」。(今年のロボコンは「輪投げ合戦」。選手がロボットを操作しポールに輪を投げて得点を競います)

平成27年11月15日(日)
「やまとこおりやま 食と農のフォーラム」開催

食と農のフォーラムの様子写真  食と農のフォーラムの様子写真

「食は命の源!やまとこおりやま地場食材で元気になろう」をテーマに、「食と農のフォーラム」がやまと郡山城ホールで開催されました(市農業活性化検討会主催)。
(写真右上)「おいしいを伝えたい!感謝の絵手紙」と「うちの朝ごはんコンテスト」の表彰式の模様。受賞者は、市長から手渡された表彰状と会場からの大きな拍手に、満面の笑みを浮かべ喜びました。絵手紙については、すべての応募作品を、11月15日(土)~23日(月・祝)に、やまと郡山城ホール・図書館で展示します。

食と農のフォーラムの様子写真

講演は、「食材への感謝を込めて~食べきり・ムダなし!楽ラク食習慣のススメ~」をテーマに家庭料理研究家の奥薗 壽子さん。地元野菜を含めた「れんこん、なす、白菜、大根、かぼちゃ」のおいしく食べる料理方法や奥薗さんのとっておきコツを話していただきました。 

食と農のフォーラムの様子写真  食と農のフォーラムの様子写真

写真は、「『食』と『農』 未来のために 今できること」をテーマにしたパネルディスカッションの様子。コーディネーターは奥薗さん。上田市長、県指導農業士の今西さん、大和郡山子どもの食を考える会の伊川さん兄妹、市学校給食事務所栄養教諭の大坪さんがパネリストとして、食を通した農業への取り組みなどを熱心に意見し話し合いました。

平成27年11月14日(土)・15日(日)
郡山城天守台石垣整備工事 現場見学会

現場見学会の様子写真  現場見学会の様子写真

2日間行われた現場見学会。両日とも、ときおり小雨がぱらつく中にもかかわらず、たくさんの人が訪れ、石垣の解体、積み直しの現場を熱心に見入っていました。「国内の城は全て行きました」と言う奈良市の男性は「機会のない石垣の工事に巡り合えて本当にうれしいです」と感動した様子で話していました。

現場見学会の様子写真  現場見学会の様子写真

石垣を積み直す時に使用するこぶし大の石に、墨と筆で自分の想いを書くという当日開催イベント「裏込め石に想いを込めて」では、見学者が、思い思いに筆を走らせ楽しみました。

平成27年11月11日(水)
昭和幼稚園で人権出前教室

人権出前教室の様子写真

人権啓発活動の一環として、昭和幼稚園で、人権出前教室が行われました。
人権出前教室は、人権擁護委員のみなさんが、地域の幼稚園や保育園、小学校等を訪問し、人権冊子を使用しての意見交換会や人権紙芝居などを通して、人権擁護についての正しい知識や思いやりの心を育てることを目的に行われているもの。市内の幼稚園には毎年1園ずつ訪問していて、今年は昭和幼稚園での開催となりました。

人権出前教室の様子写真  人権出前教室の様子写真

「友達やいのちを大切に、暮らせるように。」
「みんなで仲良くなると、楽しくやさしい気持ちになるね。」
園児や保護者約90人を前に、人権擁護委員の手による人権紙芝居や人権マスコットキャラクターとのふれあいを通して、「相手の気持ちを考えること」や「思いやりの心」の大切さ、「人権」について、みんなで学びました。

平成27年11月10日(火)
園児が座禅で「静の世界」を体験

座禅体験の写真  座禅体験の写真

庚申堂でこの日、片桐幼稚園の年長児を対象に座禅体験を行いました。座禅指導は、住職の古賀野さん。「意識の集中」「座禅の姿勢」などの説明に、園児は真剣に聞き入っていました。

座禅体験の写真  座禅体験の写真

5分間の座禅、意識を集中させ凛とした姿勢の園児、堂内は静寂に包まれました。園長の坂本さんは「日頃、静寂に接しない元気な園児が、この体験を通じて静の意識や感覚を知ってほしい」と話していました。

平成27年11月9日(月)
矢田ふる里まつりで集めた協力金を寄託

寄託の様子写真

10月18日(日)に開催された「矢田ふる里まつり」の模擬店から集めた協力金をこの日、矢田地区社会福祉協議会の会長 武智さん(写真左)、矢田地区自治連合会 代表 澤井さん(写真右)より「社会福祉への貢献、善意銀行へ寄付に使ってください」と市長に手渡されました。

平成27年11月8日(日)
リニア中央新幹線中間駅の大和郡山市への建設促進期成同盟会 講演会・総会 開催

リニア中央新幹線中間駅の大和郡山市への建設促進期成同盟会 講演会・総会の様子写真

リニア中央新幹線の東京・大阪間の早期同時開通、中間駅の大和郡山市内への建設実現を図るための原動力として、市民をはじめとして広く機運を盛り上げ、PRしていくために、リニア中央新幹線中間駅の大和郡山市への建設促進期成同盟会 講演会・総会が、やまと郡山城ホールで開催され、関係者や一般市民約200人が参加しました。

第1部は、(株)日本総合研究所 主席研究員 藻谷 浩介氏を講師に迎えて「リニア中央新幹線と地域(まち)づくり」と題した講演。続いて、藻谷 浩介氏と上田市長との対談を行いました。さまざまな統計・資料や現行の新幹線新駅に関するまちづくり事例をふまえて、「リニア中央新幹線」に対する見方や「まちづくり」のあり方・考え方についての提言等をいただきました。

リニア中央新幹線中間駅の大和郡山市への建設促進期成同盟会 講演会・総会の様子写真  リニア中央新幹線中間駅の大和郡山市への建設促進期成同盟会 講演会・総会の様子写真  リニア中央新幹線中間駅の大和郡山市への建設促進期成同盟会 講演会・総会の様子写真

第2部では、期成同盟会の総会として、改めて、ど真ん中駅「リニア郡山新駅」を実現するため、一致協力して取り組み、強力な運動を展開していくことを決議。会場一体の「ガンバロー」コールで締めくくりました。

リニア中央新幹線中間駅の大和郡山市への建設促進期成同盟会 講演会・総会の様子写真

平成27年11月3日(火・祝)
こおりやま音楽祭2015「樂(がく)」

郡山中学校吹奏楽部の演奏  郡山中学校の吹奏楽演奏

市内17ヵ所の会場でこの日、さまざまなジャンルの音楽が楽しめる、こおりやま音楽祭2015「樂(がく)」が開催されました。この音楽祭は、多くの人に大和郡山市へ足を運んでいただき、町の魅力を再発見してもらい、音楽の素晴らしさを伝えていきたいと企画され、今回で7回目を迎えました(主催 同実行委員会)。午前10時、三の丸会館前のステージ(城下町ステージ)で郡山中学校吹奏楽部の演奏から音楽祭が始まりました。曲は「SEKAI NO OWARI(せかいのおわり)のドラゴンナイト」。来場者は、管楽器によるJ-POPの演奏に大きな拍手を送っていました。

平成27年11月3日(火・祝)
第41回親子まつり

親子まつりの様子  親子まつりの様子

郡山城跡公園でこの日、親子まつりを開催。41回目を迎えたこのまつり、今回は「あつまる」をテーマして「ふわふわのスライダーとアスレチック」などを用意してまつりを盛り上げました。
(写真上)咲奈ちゃん(5歳)、幹太ちゃん(3歳)の兄弟は、「ふわふわのスライダーは楽しかったです」と笑顔で話していました。

親子まつりの様子  親子まつりの様子

パレードでは、こおりやま音楽祭2015「樂」に出場した片桐中学校吹奏楽部、武道やダンスのクラブなど、様々な団体がパホーマンスを披露しながら大勢の来場者の中を行進しました。

平成27年11月2日(月)
菊花展開催中

菊花展の様子写真

10月30日(金)から市役所前で、菊の愛好者が丹精に育てた菊を展示しています。
この日、日本菊花連盟が展示されている菊を審査を行い、知事賞、市長賞などの13賞が決定します。菊花協会会長の田中さんは「県内では出品者の減少で展示会が縮小していますが、大和郡山市では初心者の出品が増えてきているので喜んでいます」と話された。展示会は11月11日(水)まで行われます。