このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示サイト内検索
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市政 > 広報 > 撮れたてニュース > 撮れたてニュース2017

撮れたてニュース2017


大和郡山市のさまざまな事業やイベント・出来事・風景などのニュースを紹介していきます。


平成29年9月19日(火)
郡山北幼稚園の子どもたちが藍染体験

9月19日(火)に郡山北幼稚園の子どもたちが、藍染工房「綿元」(北郡山町)で藍染体験を行いました。
今回の藍染体験は、城下町として栄えていた頃に大和郡山市で盛んであった藍染を行い、地元の伝統文化に触れようということで企画されました。今回、藍染体験を行ったのは年長のそら組とほし組の2クラス41人の子どもたち。まずは、藍染の方法について「綿元」のオーナーの西井さんから説明を受けました。

藍染体験の様子
布に模様をつけるため、布に割り箸や洗濯ばさみをつけていきます。

藍染体験の様子 藍染体験の様子
そして、布を藍甕の中へ!!初めての体験に子どもたちは歓声を上げていました。

藍染体験の様子 藍染体験の様子
一度藍につけたあと、水にさらします。この作業を行うことで布に藍の色が美しく付いていきます。

藍染体験の様子 藍染体験の様子
こうして、布に美しい藍の色が布に染められ、最初につけた割り箸をとると、
個性豊かな模様が布に写し出されました。

藍染体験の様子 藍染体験の様子

平成29年9月10日(日)
筒井順慶まつり

出陣式
この日、筒井町の筒井城跡で、筒井城や筒井順慶を多くの人に知ってもらおうと「筒井順慶まつり」が開催されました。筒井順慶顕彰会・順慶まつり実行委員会主催。今年で17回目。

堺鉄砲隊 堺鉄砲隊
(写真)堺鉄砲隊

出陣の掛け声 武者行列 
(写真左)出陣の掛け声 (写真右)武者行列

上田市長や地元の学校の先生・生徒達などが歴史上の人物や兵士に扮し、武者行列を行いました。
堺鉄砲隊による3発の祝砲が響き渡り、出陣式が執り行われました。
筒井順慶と島左近、松倉右近などが杯を交わし、杯を地面に叩きつけ打ち割り掛け声とともに武者行列が出発しました。

水攻め合戦 水攻め合戦
(水攻め合戦)

会場では、焼きそば、みたらしなどの模擬店や水攻め合戦などが行われ、大勢の人でにぎわっていました。水攻め合戦では黒笠と赤笠にわかれ白熱した戦いに、訪れたみなさんも盛り上がっていました。

平成29年9月8日(金)
大和郡山市音楽芸術協会が義援金を寄付

義援金を寄付

大和郡山市音楽芸術協会が、8月20日(日)に開催した「第35回大和郡山市音楽芸術協会チャリティコンサート」の収益を、平成28年に発生した熊本地震と今年7月に発生した九州北部豪雨災害の義援金として市長に寄託しました。義援金は日本赤十字社を通して被災地に送られます。

平成29年9月4日(月)
「違反広告物をなくそう!」~一斉除却隊の出発式

出発式の様子 出発式の様子

違反広告物を追放し美しい奈良の環境を守っていこうと、関係機関・団体と県下の市町村の関係者約40名が参加して「違反簡易広告物協働除却隊出発式」がDMG MORI やまと郡山城ホールで行われました。

出発式の様子 出発式の様子

これは、奈良県が毎年9月を「屋外広告物適正化月間」と定め、県下市町村と関係機関・団体と協働して、違反広告物の追放や屋外広告物の適正な掲出に向けた取組を集中的に実施しているのにあわせ、今年は大和郡山市で行われたもの。出発式では、市長によるあいさつ、せんとくん・きんとっとを交えた宣誓、シュプレヒコールの後、参加者が市内各所で除却活動を行いました。

平成29年8月30日(水)
全日本少年少女武道(なぎなた)錬成大会で優勝した2選手が市長を表敬訪問

市長を表敬訪問

8月6日(日)に日本武道館で開催された「全日本少年少女武道(なぎなた)錬成大会」の小学生5・6年生の部Bで優勝した、大和郡山市なぎなた連盟所属の堺歩梨さん(写真左)と田口菜奈子さん(写真右)が市長を表敬訪問しました。今年の受賞を含め、3年連続の受賞となる両選手。「緊張はしたが、去年よりも楽しむことができた」と日本武道館での競技の感想を話していました。

平成29年8月26日(土)・27日(日)
洞泉寺 夕涼み大会

洞泉寺 夕涼み大会  

今年で7回目を迎える大和郡山夕涼み大会in洞泉寺町が、洞泉寺町の源九郎稲荷神社で開催されました。
夕暮れには、たくさんの親子連れや子供たちが神社に集まり、コルク射的や金魚すくい、フランクフルトやみたらし団子などの模擬店を巡り子供も大人も楽しんでいました。
金魚提灯  灯りの道 

(写真左)金魚提灯           (写真右)灯りの道
8月26日、この日は吊るされた金魚提灯の光が会場を照らし出すころに、源九郎稲荷神社で御祈祷を受け、風の盆 越中おわら節が披露されていました。
洞泉寺町一帯に灯りの道が作られ、そこを越中おわら節の旋律にのせ踊り歩く姿は、日が沈んだ町の中で幻想的に映し出されていました。

風の盆 越中おわら節 風の盆 越中おわら節

(写真)風の盆 越中おわら節

平成29年8月24日(木)
奈良ロボッツ昭和小トリオ 全国大会出場 市長表敬訪問

表敬訪問の様子

8月5日(土)に開催されたWRO(ワールド・ロボット・オリンピアード)奈良大会の小学生ミドル部門で優勝し、全国大会出場を決めた「奈良ロボッツ昭和小トリオ」の(写真左から)粟津 晴陽さん(昭和小学校5年)、西久保 颯太さん(昭和小学校5年)、久保 優真さん(昭和小学校5年)が市長を表敬訪問しました。
この大会では、ロボット製作の初級者を対象に、色の判断・つかむといったロボットの基本的な製作技術・プログラム制御技術を競います。
9月17日(日)にBumB東京スポーツ文化館で開かれる全国大会に向けて、キャプテンの粟津さんは「チームワークを大切に精一杯がんばりますので、応援よろしくお願いします。」と話しました。市長は「さまざまな障害を乗り越えられるように、がんばってください。」と激励しました。

平成29年8月20日(日)
大和郡山市科学教室40周年記念大会

式典挨拶

平成29年8月で創設40周年を迎えた大和郡山市科学教室。これを記念してこの日、記念大会を催し一日工作体験会を開催。
科学教室は、市内の小学生(一部中学生も含む)を対象に、3つの講座(少年少女発明クラブ・親と子の手作り教室・少年少女パソコン教室)やその他の講座を開催。市立公民館で主に土曜日に活動しています。

ひかりくれよん体験 オルゴールの工作
(写真左)ひかりくれよん体験・(写真右)オルゴールの工作

この日は、各種ブースで科学工作が体験でき、奈良工業高等専門学校のブースでは最新の技術による工作や体験などに触れることができました。
こども連れの家族がブース前で行列をつくり、こどもたちは家や学校では体験できないものづくりや科学の楽しさ・おもしろさを体験し、大盛況でした。

平成29年8月20日(日)
第23回 全国金魚すくい選手権大会
~挑め!日本一!!熱くなれ!大和郡山の地で!!~

大会の様子 大会の様子

8月19日(土)の奈良県予選大会に続いて、20日(日)に第23回全国金魚すくい選手権大会が金魚スクエアで開催されました。各地の予選大会や勝ちぬいた選手など、北は北海道から南は九州まで、全国各地から約1,800人が出場。今年も熱い戦いが繰り広げられました。

大会の様子 大会の様子
(写真左)金魚ねぶたと、きんとっとの石像がお出迎え。(写真右)選手受付風景。

大会の様子 
開会式~第22回大会小中学生の部で優勝した 難波くんによる選手宣誓

大会の様子 大会の様子
選手入退場の先導役は、今年もガールスカウト・ボーイスカウトのみなさん。

大会の様子 大会の様子
今年は試合会場内に金魚のオブジェが。熱い試合を見守ります。

大会の様子 大会の様子 大会の様子
試合風景~3分間の真剣勝負。ポイ選びも真剣です。

大会の様子 大会の様子
大会の様子 大会の様子
元気のよい金魚に悪戦苦闘する選手も。試合が終わると、ほっとした表情。

大会の様子 大会の様子 大会の様子
大会の様子 大会の様子
おとなもこどもも1枚のポイを手に金魚に向き合います。

大会の様子 
黄緑、オレンジ、ピンク・・・おそろいの衣装で選手・チームを応援。

大会の様子
フレンドリーマッチ
~大会に出場できない小学生未満のお子さんも数多くご参加いただきました。

大会の様子
試合の合間に行われた音楽ライブ
~第3回大会にも出場いただいたアカペラグループ「チキンガーリックステーキ」

大会の様子 大会の様子
試合会場の外では、食販や展示ブースなどにもたくさんの人、人。

大会の様子 大会の様子大会の様子
ストリートライブも。アカペラ、ジャグリング、ダンスなど・・・。大会を盛り上げていただきました。

大会の様子
会場内には、昨年投票を行った全国金魚のお部屋おうちコンテストの入賞作品を展示。
「お昼寝水そう」は多くの方が体験されていました。

大会の様子 大会の様子 大会の様子 大会の様子
今年の日本一が決まる決勝戦。いずれも白熱する試合に。

大会の様子
表彰式~各部3位までの入賞者への表彰。記念撮影の様子。

第23回全国大会の記録は、こちらのページをご覧ください

平成29年8月19日(土)
第23回 全国金魚すくい選手権 奈良県予選大会
~挑め!日本一!!熱くなれ!大和郡山の地で!!~

金魚すくい選手権 奈良県大会 金魚すくいの風景

全国金魚すくい選手権大会が8月19日・20日に金魚スクエア(総合公園施設多目的体育館)において開催されました。
この日は、明日の全国大会に向けて奈良県大会を開催。県内から1,206人(フレンドリーマッチ参加者95人を含む)が参加し、全国大会に向けて熱戦が繰り広げられました。

優勝決定戦 優勝決定戦

一般の部では、決勝戦で1位と2位が同数となったため優勝決定戦が行われ、広い体育館で2人だけの金魚すくいに観客のみなさんは声援を送っておられました。

きんとっと デメッキー

(写真上)こどもたちに大人気のきんとっと、デメッキー

ルシャナとせんとくん 小型家電回収ボックス

(写真左)ルシャナ・せんとくんによる国民文化祭PR活動
(写真右)使用済み小型家電の回収ボックス

金魚すくい練習場 金魚すくい練習場

金魚すくいの練習場には、試合に参加する方もしない方も腕試しに金魚すくいを楽しまれていました。

平成29年8月16日(水)
国民文化祭 大会旗リレー展示

国民文化祭大会旗

9月1日から11月30日までの期間開催される「第32回国民文化祭・なら2017」「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」を広く県内にPRするため、大会旗を県内39市町村においてリレー展示しています。
8月16日から8月21日までは、DMG MORI やまと郡山城ホールにて展示中。
市内では、9月2日・3日に市民劇団 古事語り部座 公演 歌劇「ちゃもり~興正菩薩叡尊異聞」、10月15日に太鼓の祭典(参加申込は終了)、11月25日に現代詩の祭典が開催されます。

平成29年8月16日(水)
第88回阿礼祭

表敬訪問
本殿前で輪になって踊る子どもたち。非常に蒸し暑い気候でしたが、一生懸命に踊っていました。

日本最古の歴史書「古事記」編さんに携わり、お話の神様として地元で親しまれている「稗田阿礼」をしのび、昭和5年にはじまり、今年で88回目となる「阿礼祭」が稗田町の賣太神社で行われました。
午前は祭事とともに、市内の3歳~12歳の女子約50名による「阿礼さま音頭」や「阿礼さままつり子供の歌」にあわせた踊りの奉納などが今回も行われたほか、午後からは子どもみこし渡御や古事記の輪読会などがあり、地元のみなさんや市外からの見物客など、多くの人でにぎわいました。

表敬訪問  表敬訪問
「こどもたちの健やかな成長を祈念」する「こどもたちが主役のまつり」

平成29年8月8日(火)
ドッジボール全国大会出場を前に市長を表敬訪問

表敬訪問 

8月13日にさいたま市で開催される「第27回全日本ドッジボール選手権全国大会」に出場する市内の小学生チーム「ソレオ ロッソ」のメンバー18人と関係者・保護者が、市役所を訪れ、市長を表敬訪問しました。結成5年目のチームは、週4日は小学校で練習を積み重ね、6月に開催された県大会で優勝し、全国大会初出場となりました。選手のみなさんからは、「自信はあります。力一杯がんばります」と意気込みを話してくれました。

平成29年8月7日(月)
バンビシャス奈良 市長を表敬訪問

表敬訪問 表敬訪問の様子

9月30日に開幕するプロバスケットボールリーグ「Bリーグ」。シーズン開幕前にバンビシャス奈良の加藤代表と、新しくチームに加入した加藤健児リオン選手が市長を表敬訪問しました。バンビシャス奈良はバスケットボール日本代表チームでもコーチを務めたジェリコ・パブリセビッチさんを新しくヘッドコーチとしてチーム作りを進めているとのこと。市長は「一人ひとりが競い合うようなチームを作って、勝利を」と激励しました。

平成29年8月5日(土)
やまとの夏祭り

やまとの夏祭り  

大和郡山市の夏の風物詩、やまとの夏祭りが郡山北小学校をメイン会場に開催されました。
主催は大和郡山市商工会青年部。今年で42回目。

模擬店 模擬店

さまざまな模擬店があり、たくさんの子どもたちや家族連れでにぎわっていました。

櫓

運動場の中央にやぐらが組まれ、盆踊りや和太鼓の演奏が行われ祭を盛り上げていました。
20時からは、フィナーレに郡山城跡から花火が上がり、メイン会場だけでなくDMG MORI やまと郡山城ホール前などで夜空を彩る花火に多くの方が魅了されていました。
 

平成29年7月30日(日)
片桐中学校茶道部 夏のお茶会

点茶の様子  お茶会

片桐中学校茶道部による夏のお茶会が、小泉神社竹田会館で催されました。
地域のみなさんとの交流を深めるために催され、今年で3回目。
茶道部は、校区内にある石州流茶道ゆかりの慈光院の尾関智代子先生の指導を受けて活動しています。
炎天下の中、色鮮やかな浴衣姿で来て下さったみなさんにお菓子やお茶を運ぶ茶道部は14名。
地域のみなさんに茶道部のたてたお茶とお菓子を振舞い、普段の部活動で培った作法を披露されていました。訪れた地元のみなさんは夏のお茶会を堪能されていました。

平成29年7月27日(木)
第37回 全日本バレーボール小学生大会 全国大会出場を決めた
片桐VBCが市長を表敬訪問

片桐VBC全国大会出場 表敬訪問 選手一人ひとりと握手

第37回 全日本バレーボール小学生大会 奈良県大会を2年連続22回目の優勝を果たし、全国大会に出場を決めた片桐VBCが市長を表敬訪問しました。
河合監督が優勝報告を行った後、選手たちが自己紹介を行いました。キャプテンの古川卓磨くん(片桐西小学校 6年)は「2年連続、4回目の全国大会優勝を目指してがんばります。」と大会への意気込みを話してくれました。
市長は「チャレンジャーの気持ちで、2年連続の全国大会優勝を期待しています。」とエールを送り、選手一人ひとりと握手を交わしました。
全国大会は、8月7日(月)~8月10日(木)にかけて、東京体育館など東京近郊の5会場で行われます。

平成29年7月25日(火)
市と南都銀行の「若手職員交流会」

講演の様子 グループディスカッションの様子

南都銀行と締結した「地方創生にかかる包括連携協力に関する協定」の一環として、7月25日(火)に市と南都銀行の「若手職員交流会」を開催しました。
この交流会では、市と南都銀行の若手職員6人ずつが、3回に分けて市の観光資源を活用した観光振興策をテーマにグループワークや課題の検討を行います。
第1回目となる今回は、講演とグループワークを行いました。参加した若手職員は活発に意見を出し合っていました。

平成29年7月24日(月)
第4回「奈良県にリニアを!」の会 総会開催

総会の様子 提言書を提出

DMG MORI やまと郡山城ホールで、会員の奈良県内35市町村長と顧問の奈良県議会議員20人で構成される「奈良県にリニアを!」の会の第4回総会が開催されました。
総会では、「リニア新駅は大和郡山市に設置すべきこと」、「東京・大阪間の早期全線開業を目指すこと」、「車両基地を奈良県内へ設置すること」の3点を盛り込んだ提言書が採択されました。総会後、提言書を荒井奈良県知事に提出しました。

平成29年7月24日(月)
第33回わんぱく相撲全国大会出場選手が市長を表敬訪問

市長表敬訪問

5月13日(土)に三の丸体育館で行われた「第26回わんぱく相撲大和郡山場所」に優勝し、7月30日(日)に両国国技館で開催される「第33回わんぱく相撲全国大会」に出場する3選手が市長を表敬訪問しました。写真左から、小笠原滉くん(郡山南小学校 4年)、前川泰毅くん(郡山南小学校 5年)、左海剛くん(矢田小学校 6年)。
市長からは「怪我の無いように準備運動をしっかりして、一生懸命思いきりがんばってほしい。」と選手たちを激励しました。

平成29年7月22日(土)
大和郡山市民劇団 古事語り部座 歌劇「ちゃもり」公演成功祈願音楽奉納

9月2日(土)・3日(日)に大和郡山公演(DMG MORI やまと郡山城ホール)、9月23日(土・祝)・24(日)に大阪公演(近鉄アート館)を開催予定の歌劇「ちゃもり~興正菩薩叡尊異聞」(第32回国民文化祭・なら2017 第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会応援事業(大和郡山公演のみ))の成功を祈願し、歌劇の題材となった叡尊ゆかりの西大寺で音楽奉納を行いました。

まず、愛染堂で御法楽を行いました。

公演成功祈願音楽奉納 公演成功祈願音楽奉納

本堂前へ移動し、音楽奉納を行いました。まず、全員で「その人の背中」を歌いました。

公演成功祈願音楽奉納 公演成功祈願音楽奉納

次に、踊りと歌を交えた「ちゃもり」を披露。

公演成功祈願音楽奉納 公演成功祈願音楽奉納

市長は「郡山の誇り、西大寺の誇りとして公演頑張ってください」と劇団員に激励の言葉を送りました。

公演成功祈願音楽奉納 公演成功祈願音楽奉納

最後は光明殿で大茶盛りが振舞われました。

公演成功祈願音楽奉納 公演成功祈願音楽奉納

平成29年7月19日(水)
郡山西小学校6年生が地域学習で郡山城天守台を見学

絵を囲んで記念撮影

郡山西小学校では6年生が地域の歴史を学ぶ学習を始めるにあたり、郡山城の歴史について学ぼうと、6月9日、整備が終わった郡山城天守台を訪ねました。その際、天守台で案内ボランティアを務める「郡山城天守台 石垣の語り部」に案内をお願いし、3名の語り部が案内役を担いました。

 絵を囲んで記念撮影

当日は天気もよく、参加した約80人の児童たちは、語り部さんの楽しい話に興味津々。
郡山城の歴史、城主のこと、石垣の積み方や特徴など、目を輝かせて説明を聞いていました。

絵を囲んで記念撮影

7月に入って、郡山西小学校6年生のみなさんからの手紙が3冊の冊子になって語り部さんに届けられました。中には「郡山の歴史に大変興味を持ちました」「石垣の積み方の話が印象に残りました」「自分のふるさとが大和郡山ということを誇りに思うようになりました」など、感謝の気持ちがいっぱい綴られていました。
石垣の語り部さんからは「郡山が好きになってくれたみたいで良かったです。こちらこそありがとうございました」と感想をいただきました。

平成29年7月18日(火)
キラリと輝く特別支援学校アート展2017に出展する生徒が市長を訪問

市長訪問 市長訪問

県特別支援学校長会とNPO法人ならチャレンジドが主催する「キラリと輝く特別支援学校アート展2017」が奈良県で開催される「第32回国民文化祭・なら2017 第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」にあわせて9月9日(土)から20日(水)に開催されます。
その「キラリと輝く特別支援学校アート展2017」に作品を出品する樋渡京志郎さん(奈良東養護学校高等部2年 写真左)と巽勇渡さん(ろう学校高等部2年 写真右)が市長を表敬訪問し、作品を市長に披露しました。
樋渡さんの作品はトイレットペーパーの芯を利用して花を表現。また、巽さんの作品は、「キラリと輝く特別支援学校アート展2017」の題字としても採用されている作品。「人物の表情を笑顔にするなど、細かい絵を書くところに苦労した。」と製作過程での苦労を伝えました。

平成29年7月18日(火)
「世界一大きな絵2020 大和郡山」

絵を囲んで記念撮影

「世界一大きな絵2020」は、世界中の子どもたちが描いた絵を繋ぎ合わせ、2020年の完成を目指して一枚の「世界一大きな絵」を作ることを目的としたプロジェクト。市立5小学校(片桐西小学校、平和小学校、矢田小学校、矢田南小学校、昭和小学校)もこれに参加し、1校1枚の布製のキャンバス(縦1メートル・横5メートル)に、それぞれのテーマで描き、このたび完成しました。
出来上がった作品を主催する団体に送付するのを前に、片桐西小学校体育館でお披露目され、実際に絵を描いた6年生60名が参加。完成した絵を前に「平和と幸せの思いを世界中の人々に伝えたい、1枚の絵に心をこめて描きました」と、作品にこめた思いを発表してくれました。
作品を送付後、2020年4月までに世界中で描かれた子どもたちの絵をつなぎ合わせ「世界一大きな絵2020」を完成、発表される予定で、2021年には、広島市内の小学校の資料館に収められるとのことです。

平成29年7月18日(火)
郡山城跡「桜」保存会へシャープ(株)奈良事業所からの「桜寄金」贈呈式

 桜寄金贈呈式 

この度、シャープ(株)奈良事業所の社員から寄せられた「桜寄金」を労働組合から郡山城跡「桜」保存会に贈呈されることになり、贈呈式が行われました。
郡山城跡「桜」保存会 亀岡静代会長より「今年の3月に郡山城天守台展望施設が完成し、いよいよ私たちの出番だと思う」と抱負を述べられました。
シャープ(株)ビジネスソリューション事業本部 宮川直之総務部長からは、「郡山城天守台の本格的な植樹や景観を良くするためにぜひとも一緒にやっていきたい」と挨拶。

平成29年7月18日(火)
「新庁舎検討職員ワーキングチーム」が新庁舎建設の提案事項を市長に報告

市長に報告 ワーキングチーム

7月18日(火)に「新庁舎検討職員ワーキングチーム」が新庁舎建設に向けた提案事項を市長へ報告しました。
「新庁舎検討職員ワーキングチーム」は幅広い年代の職員計10名で構成され、今年1月から計6回の議論を重ね、今回の提案事項をまとめました。
新庁舎建設のキャッチフレーズは「人と人、今と未来をつなぐ、大和こおりやま新庁舎」。
このキャッチフレーズを踏まえ、新庁舎の基本的機能や配慮すべき事項を提案しました。
また、全体の提案に加えて各メンバーからも「市民の方が足の運びやすい市役所にしたい」「市のシンボルとなるような新庁舎にしたい」といった意見が出されました。

平成29年7月11日(火)
筒井小学校 ハスの葉で体験学習

「ハスの葉で体験学習」の様子 「ハスの葉で体験学習」の様子

筒井小学校の1年生50人がハスの葉を使って体験学習を行いました。
「自分で疑問を持ち解決する」という生活科の学習の一環で、校区の特産品である筒井レンコンについてよく知るために、ハスの葉で遊ぶ体験を通して、不思議や疑問を見つけようというもの。

「ハスの葉で体験学習」の様子 「ハスの葉で体験学習」の様子

実際にハスの葉を手に取った子どもたちは、ハスの葉の茎からとげが出ていることに「きゅうりみたい!」と感想を話したり、ハスの葉を傘にして水にかかったり、楽しみながら学習しました。
この時間で見つけた発見や不思議は、次の生活科の時間で発表するとのことです。

平成29年7月7日(金)
生命のメッセージ展

生命のメッセージ展 生命のメッセージ展

犯罪・いじめ・事故などによって、理不尽に命を奪われた犠牲者が主役のアート展「生命のメッセージ展」が市内各中学校を巡回中。
犠牲者ひとり1人の等身大パネルは、メッセンジャーと呼ばれ、その胸元には本人の写真、経歴や家族のことばを貼り、その足元には「生きた証」として実際に履いていた靴が置かれています。
無念にも亡くなり、生きたくても生きられなかったメッセンジャーが命の大切さを訴えています。

赤い毛糸玉

(写真)人と人をつなげ命をつなげる赤い毛糸玉。
来場者が想いを込めて毛糸1本を結びつけて、赤い毛糸玉はどんどん大きくなっています。
7月11日(火)までは、郡山中学校。7月12日(水)・13日(木)は、郡山東中学校を巡回しています。見学される方は、事前に各中学校に問い合わせが必要です。
 

平成29年7月7日(金)
「カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会」に出場する岸田良太選手が市長を表敬訪問

岸田良太選手が市長を表敬訪問 岸田良太選手が市長を表敬訪問

7月29日から8月13日にかけて開催される「カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会」の日本代表選手に選ばれた岸田良太選手(郡山南中学校 1年)が市長を訪問しました。「カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会」はアメリカ合衆国メリーランド州で開催され、アメリカ選抜10チームと国際代表8チームが優勝を争います。岸田良太選手は緊張した面持ちでしたが、市長の「自信はありますか?」との問いに、すぐに「あります」と頼もしく返答してくれました。最後に市長は「自分の力を100パーセント思いきり出してきてください。」と激励しました。

平成29年7月1日(土)
全国金魚すくい選手権 第14回大和郡山市大会 開催

第14回大和郡山市大会の様子

金魚すくいシーズンの到来を告げる「全国金魚すくい選手権第14回大和郡山市大会」が、三の丸体育館で開催されました。大和郡山市内在住・在勤・在学の方のみが対象で団体戦だけのこの大会。市内の各企業や小・中学校などの3人1組で結成された240チーム・720人のみなさんが、金魚すくいの腕を競いました。

第14回大和郡山市大会の様子 
開会式では、KCSSによるオープニング演奏

第14回大和郡山市大会の様子
市内で活動するコーラスグループ「片桐みんなで歌おう」「三の丸唱歌の部屋」のみなさんによる市歌斉唱

第14回大和郡山市大会の様子  第14回大和郡山市大会の様子
第14回大和郡山市大会の様子  第14回大和郡山市大会の様子
真剣な表情と笑顔で和やかな雰囲気。

第14回大和郡山市大会の様子
上位5チームが8月20日に開催される全国大会の出場切符を手にしました。
市大会の結果はこちらのページをご覧ください