このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市政 > 広報 > 撮れたてニュース > 撮れたてニュース2018

撮れたてニュース2018


大和郡山市のさまざまな事業やイベント・出来事・風景などのニュースを紹介していきます。


平成30年1月16日(火)
大和郡山市と南都銀行の「若手職員交流会」の成果報告

報告の様子 市長の講評

平成29年3月22日に南都銀行と締結した地方創生にかかる包括連携協力に関する協定の一環として、大和郡山市と南都銀行の「若手職員交流会」が実施されました。「若手職員交流会」は全3回にわたり、市の観光資源を活用した観光振興策をテーマに議論を重ね政策を作成。この日、その成果の報告を行いました。
政策の報告を聞いた市長は「市民との交流があってこその観光。今日発表した政策の夢と現実の接点を縮めるために、政策をさらにブラッシュアップしてほしい」と感想を話しました。

平成30年1月12日(金)
高年者教養大学~筒井氏と筒井城を学ぶ~

高年者教養大学

老人福祉センター(ゆたんぽ)でこの日、平成29年度高年者教養大学第8回が開かれ、93人の学生が参加しました。
同センターでは、仲間づくりと豊かな老後の生きがい及び健康の増進、教養の向上を目的に開講。老人クラブ会員を対象に学習意欲のある60歳以上の市民を毎年4月に募集し、一般教養の授業を月1回、6月から2月まで9回行っています。受講料は無料。
第8回の授業は大和郡山市の歴史。市教育委員会学芸員が「筒井氏と筒井城」をタイトルに大和郡山市の戦国時代を講義しました。
受講した学生から「筒井城があるなんて知りませんでした」、「勉強になりました、一度、筒井城を見てきます」など笑顔の感想。同センター職員は「センターが建設された昭和46年から始まった歴史ある高年者教養大学、開校当初からたくさんの方が受講されています」と笑顔で話していました。

平成30年1月10日(水)
町家物語館 一般公開開始

町家物語館 
平成28年から耐震工事を行っていた旧川本家住宅が耐震工事を終え町家物語館(洞泉寺町10)として、この日一般公開されました。
この建物は、大正期に建てられた当時には珍しい木造三階建てで、遊郭建築ならではの造形美を創出しており、平成26年に登録有形文化財に指定されています。
オープニングセレモニーで上田市長は「郡山の宝物として大切にしていきたい」と話しました。

スティーヴ エトウさんにる演奏 スティーヴ エトウさんによる演奏

(写真)スティーヴ エトウさんによる演奏

セレモニー後には、打楽器奏者スティーヴ エトウさんによるパフォーマンスが行われ、映像と音楽が融合した空間が建物内に広がりました。。

平成30年1月9日(火)・10日(水)
塩町えびす大祭

塩町えびす大祭

塩町恵美須神社で、9日(火)・10日(水)の2日間にわたり塩町えびす大祭が行われました。
塩町周辺は、提灯やのぼりが飾り付けられ寒風吹き荒れる中、神社には商売繁盛を願う参拝者でにぎわっていました。
入口近くでは、福笹に飾りをつけ配ったり、神社の向いでは、無料でぜんざいが振舞われていました。
参拝者のみなさんは、寒い中振舞われたぜんざいに体も心も温めておられました。

福笹配布 ぜんざいを食べる人たち

平成30年1月8日(月・祝)
新成人の集い「成人式」

成人式  

新成人のみなさんの門出をお祝いし、大人としての自覚を高めてもらうおうとこの日DMG MORIやまと郡山城ホールにて成人式が行われました。
今年のテーマは、キラめく笑顔~Call your mind~。
大和郡山市の新成人対象者は、861人。                                                    この日はあいにくの天気でしたが、受付時間前から鮮やかな振袖や真新しいスーツ姿などの新成人で会場が埋め尽くされ、久しぶりに会う旧友と記念撮影をしたり、思い出話に花を咲かせていました。
成人式では、新成人スタッフが考えた各中学校対抗クイズや先生からのビデオレターなど様々な企画が催され会場を盛り上げました。最後は、ロードオブメジャーの心絵をみんなで合唱し、盛大に幕をとじました。

【今年の新成人】
今年の新成人 今年の新成人 今年の新成人
今年の新成人 今年の新成人 今年の新成人
今年の新成人 今年の新成人 今年の新成人
今年の新成人 今年の新成人 今年の新成人
今年の新成人 今年の新成人 今年の新成人
今年の新成人 今年の新成人 今年の新成人
今年の新成人 今年の新成人

平成30年1月7日(日)
大和郡山市消防出初式

新春を迎え、大和郡山市消防団員の士気高揚と市民の防火防災意識を高めることを目的として、総合公園施設の金魚スクエア(多目的体育館)とホウワグラウンド(多目的運動場)で大和郡山市消防出初式が行われました。総合公園施設で出初式が行われるのは、今年で2回目。

市長訓辞 表彰の様子

屋内式典冒頭に市長が「大和郡山市の安全・安心のために一緒にがんばっていきましょう。」と訓辞しました。また、消防活動に功績のあった隊員らに知事や市長等から表彰や感謝状が贈られました。屋内式典の最後にはふたば保育園・はぐみ保育園の園児が太鼓を演奏する「防火演技」が行われました。

行進の様子 観閲の様子
消防車行進 一斉放水

また、屋外式典では、ふたば保育園・はぐみ保育園の園児たちによる「防火の誓い」や消防隊員と消防車・救急車の行進、放水車による一斉放水が行われ、多くの人が見学をしました。
 

平成30年1月5日(金)
「交通安全ジャンボ年賀状」

ジャンボ年賀状 お年玉

本日、郡山西保育園にジャンボ年賀状(横:約52cm 縦:約73cm)が届けられました。このジャンボ年賀状は、交通安全の啓発・推進を目的として、市交通指導員が作成し、市内各幼稚園・保育園・認定こども園全28園に届けています。また今回は、「交通安全母の会」からお年玉として、交通安全の啓発品が園児たちに渡されました。

ジャンボ年賀状 表 ジャンボ年賀状 裏

年賀状には交通のルールが書かれてあり、子どもたちがわかりやすく楽しみながら交通知識を身につけてもらえるように工夫してあります。

平成30年1月1日(月)
郡山城天守台展望施設から初日の出

初日の出の様子

平成29年3月に完成した郡山城天守台展望施設で、初日の出を見る催しが明日のお城と城下町を考える会の主催で行われました。展望施設完成後はじめての企画。甘酒・あめ湯の振る舞いも行われました。

初日の出をのぞむみなさん

晴れ渡った寒空の下、約300人のみなさんが天守台上でじっと東の空をみつめます。
そして迎えた日の出の瞬間、みなさんからは歓声と拍手が。ご来光を浴び、新しい年の無病息災を祈願していました。