このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市政 > 広報 > 撮れたてニュース > 撮れたてニュース2018

撮れたてニュース2018


大和郡山市のさまざまな事業やイベント・出来事・風景などのニュースを紹介していきます。


平成30年5月9日(水)
矢田南幼稚園で「ムジークフェストなら2018」出張公演

 コンサートの様子
奈良県内で5月7日から6月3日まで開催されているムジークフェストなら2018において矢田南幼稚園に大萩康司さんが来園され、出張公演が行われました。
主催は、実行委員会で、ムジークフェストは今年で7回目。
園児たちや保護者のみなさんが会場にあつまりギターの調べに聴き入っておられました。
ギターに触れる園児たち  感謝のプレゼント
大萩康司さんは、園児たちにギターを触らせ、触れたことのない楽器に園児たちは興味津々でさわっていました。
日本の音楽だけでなく様々な国の音楽を演奏して下さり、演奏が終わるたびに拍手が起こり会場を包みました。園児たちは、大萩康司さんの演奏するトトロのテーマソングに合わせ一緒に歌を歌い、大萩康司さんへ感謝の気持ちを込めて、お花とメッセージカードを渡して音楽と笑顔に包まれました。

平成30年5月8日(火)
「全国訪問おはなし隊」が郡山南幼稚園を訪問しました

キャラバンカー 絵本を取りに行く

講談社が開催している「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」が、この日郡山南幼稚園を訪問しました。 

絵本を選ぶ園児 絵本を読んでもらう

今回は、絵本や児童書を積んだキャラバンカーが郡山幼稚園を訪問。園児たちは、自分が好きな本を選び、友達と一緒に読んだり、先生に読んでもらったりして楽しんでいました。

絵本の読み聞かせ 紙芝居

また、幼稚園のホールでは「おはなし会」が開催され、絵本や紙芝居の読み聞かせが行われました。

平成30年4月22日(日)
郡山城天守台で金婚式が開催されました。 

金婚式
この日、雅楽の調べが響き渡る中、結婚50年の節目を迎えられた9組のご夫婦が郡山城天守台展望施設に登壇され、「よい ふうふ のひ」にちなみ金婚式を執り行いました。
昨年に引き続き2回目。主催は、郡山城にぎわいづくり実行委員会。
支えあってこられた2人の歴史をふりかえり、これからも2人で支えあっていただくことを天守台の上で誓っていただくために、夫婦ふたりでの杵つきや市長からの感謝状の贈呈、奥様が結われた花束をご主人が奥様へ手渡される式典が行われました。
家族や来場されたみなさんが見守る中9組の夫婦の新たな人生の門出をみなさんで祝いました。

平成30年4月17日(火)
書道作品「健(すこやか)」が寄贈されました

書道作品展示 感謝状贈呈

このたび、高岡哲也様より、書道作品「健(すこやか)」が市に寄贈されることになり、この日寄贈式が行われました。
市長は寄贈式で「元気がもらえる字。これを見ることで、健康を考えるきっかけになれば」と挨拶し、感謝状を贈呈しました。
この作品は、保健センター「さんて郡山」の1階ロビー左奥に展示されます。

平成30年4月17日(火)
「赤ちゃん訪問用体重計」が寄贈されました

寄贈式

大阪ガス株式会社様より、「赤ちゃん訪問用体重計」が市に寄贈されることになり、この日寄贈式が行われました。
これは、大阪ガス株式会社が、昭和56年から、地域貢献のためにと社員の方が自ら考え続けてこられているボランティア活動「小さな灯運動」の一環。
出席いただいた大阪ガス株式会社 速水 英樹 奈良地区支配人からは、「小さいことであるが、地域に貢献できるよう、この運動を続けていきたい」とあいさつをいただきました。
贈呈された上田市長は、「しっかりとこの体重計を活用して、子育て支援を行っていきます」とお礼のあいさつ。
この体重計は、保健センター「さんて郡山」が実施している「こんにちは赤ちゃん訪問」などで活用される予定です。

平成30年4月6日(金)
続日本100名城スタンプラリーの初押印者に認定証が渡されました

記念撮影 記念品贈呈

4月6日の「城の日」にあわせてスタートした、続日本100名城のスタンプリー。
この日、続日本100名城に認定されている郡山城でもスタンプラリーが始まり、初押印者に認定証と記念品が渡されました。

スタンプを押す豊原さん 初押印

記念すべき初押印者となったのは、「郡山城天守台石垣の語り部」としても活動をされている、市内在住の豊原さん。「石垣の語り部として、郡山城の良さを、よりPRしていきたいです。」と話をされました。
 

平成30年4月5日(木)
大和郡山育成福祉会ひかり園のぞみが「いちじくグラッセ」を紹介

「いちじくグラッセ」を紹介

社会福祉法人「大和郡山福祉会ひかり園のぞみ」が市内の特産品であるいちじくを使用した「いちじくグラッセ」を商品化し、この日、商品の紹介のために市長を訪問しました。奈良県のいちじくは全国7位の生産量を誇り、その9割は大和郡山市で生産されています。市長は「クセになる甘さで、とてもおいしいです。」と新しいお土産品の「いちじくグラッセ」を食べた感想を話しました。
 

平成30年4月2日(月)
池宮正信さんの愛用していたピアノがDMG MORI やまと郡山城ホールに寄贈されました

世界的ピアニストの池宮正信さんが長年愛用されたピアノが、DMG MORI やまと郡山城ホールに寄贈されることを記念して、この日、寄贈式が行われました。寄贈されたピアノは「18世紀の音律」に調律された非常に貴重なピアノ。

寄贈式 寄贈式での挨拶

寄贈式の挨拶中で池宮さんは、ピアノを大和郡山に寄贈するきっかけとして「ピアノが大和郡山に行きたいと言っていたので、今回寄贈することを決めました」と話されました。

全員で歌いました 池宮さんのサイン

また、式では池宮さんの演奏が行われ、ラグタイム調の「青い山脈」を全員で歌うなど、大変な盛り上がりを見せました。また、寄贈されたピアノには、池宮さん直筆のサインが書かれています。