このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 暮らし > 消防・救急・防災 > 防災 > 時間経過別行動マニュアル

時間経過別行動マニュアル

時間経過別行動マニュアル(地震)

地震発生
  • 落ち着いて自分のみを守る
    机の下などへもぐる。倒れている家具や落下物に注意。 
  • 火の始末をすばやく
    コンロの火を消し、ガスの元栓を閉める。
  • ドアや窓を開けて、逃げ道を確保する

落ち着いて自分のみを守る(イラスト)


1~2分
  • 火元を確認・初期消火
  • 非常持出品を用意する
  • 家族の安全を確認
  • がけ崩れの危険が予想される地域はすぐ避難
  • 靴を履く
    ガラスの破片などから足を守る。

3分
  • 隣近所の安全を確認
    火が出ていたら大声で知らせ、協力して消火する。
  • 余震に注意
    大きな地震の後には余震が発生するので注意。

初期消火のイラスト


5分
  • ラジオなどで情報を確認
    間違った情報に惑わされないように。
  • 電話はなるべく使わない
  • 家屋倒壊などのおそれがあれば避難する
    ブロック塀やガラスに注意。車はなるべく使用しない。

5~10分
  • 出火防止を
    ガスの元栓を閉め、電気のブレーカーを切る。
  • 自宅を離れるときはメモを残す

10分~数時間
  • 消火・救出活動
    隣近所で協力して、消火や救出を。
    自分たちの手に負えない場合は、消防署などへ通報する。

~3日くらい
  • 生活必需品は備蓄でまかなう
    災害発生から3日間は、外からの応援は期待できない。
  • 災害情報、被害情報の収集
    広報などに注意する。
  • 壊れた家には入らないこと

避難生活では
  • 自主防災組織を中心に活動を
  • 集団生活のルールを守る
  • 助け合いの心を

個人備蓄

災害復旧までの数日間(最低3日間)を過ごせるように備蓄をしましょう。

食料
  • レトルト食品・インスタント食品・アルファ米・乾パン
  • 缶詰・菓子類
  • 梅干し・調味料など
  • 飲料水は1人1日3リットルが目安です。
  • 消火用に洗濯機や浴槽に水を溜めておくと役立ちます。
燃料など
  • 卓上コンロ(予備のガスボンベも)、固形燃料
その他
  • 寝具、防寒着、毛布、薬品など家族構成により必要なもの

災害が起こる前の安全対策

ブロック塀・門扉の点検

災害で目立つのがブロック塀の倒壊による負傷です。
規格にあっていない・老朽化している・
ひび割れや破損箇所があるなどの場合は、
修理・補修や生垣に変えるなどの対策をしましょう。

ブロック塀・門扉の点検のイラスト

家具の転倒防止・落下物の対策

大地震時は、タンスや食器棚が倒れてケガをすることがあります。
家具などは、家具転倒防止金具などでしっかり固定しておきましょう。

家具の転倒防止・落下物の対策のイラスト

消火用品の用意

大地震時は火災により被害が拡大することがあるため、
日ごろから火の元に注意するとともに、万一の出火に備えて消火器を用意し、
その使い方を身につけておきましょう。

消火用品の用意のイラスト

ベランダや屋根

風水害が発生すると、ベランダの鉢植えや物干し竿は、
飛ばされる恐れがあります。
また、瓦のずれやトタンのめくれ・はがれがある場合も同じことです。
家族や周囲の人のケガを防ぐため、事前に室内へ取り入れておきましょう。
また、屋根の補修も忘れず行いましょう。

ベランダや屋根の補修のイラスト

窓ガラス・雨戸

窓ガラスのひび割れ、雨戸や窓枠のがたつきを確認してください。
風圧や強風による飛来物に備え、外側から板でふさぐ・
ガムテープを×印に貼るなどして補強を行いましょう。

窓ガラス・雨戸の確認のイラスト


お問い合わせ先
市民安全課 (窓口210番)
大和郡山市役所 (〒639-1198  大和郡山市北郡山町248-4)
電話 0743-53-1151 (内線629・630番)
FAX 0743-53-1049
フォームでのお問い合わせはこちら