このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 暮らし > 消防・救急・防災 > 防災 > 普段からの備え

普段からの備え

非常品持ち出し袋

すぐに持ち出せる場所へ非常持出袋を用意しておきましょう。目安は成人男性で15キログラム、成人女性で10キログラムです。 欲張りすぎると行動に支障が出るので要注意!

非常持出袋の中身(一例)

非常持出袋の中身(一例)のイラスト

  • 印かん
  • 現金(災害時でも公衆電話は比較的通じやすいので10円玉は多めに)
  • 救急箱
  • 貯金通帳
  • 懐中電灯
  • ライター
  • 缶切り
  • ロウソク
  • ナイフ
  • 衣類
  • 手袋
  • ほ乳びん
  • インスタントラーメン
  • 毛布
  • 携帯ラジオ
  • 食品
  • ヘルメット
  • 防災ずきん
  • 電池(懐中電灯や携帯ラジオの予備として多めに)

(注) 食料品や水は少なくとも1~3日分備蓄しておき、定期的に点検して交換しましょう。

個人備蓄

災害復旧までの数日間(最低3日間)を過ごせるように備蓄をしましょう。

食料
  • レトルト食品・インスタント食品・アルファ米・乾パン
  • 缶詰・菓子類
  • 梅干し・調味料など
  • 飲料水は1人1日3リットルが目安です。
  • 消火用に洗濯機や浴槽に水を溜めておくと役立ちます。
燃料など
  • 卓上コンロ(予備のガスボンベも)、固形燃料
その他
  • 寝具、防寒着、毛布、薬品など家族構成により必要なもの

災害が起こる前の安全対策

ブロック塀・門扉の点検

災害で目立つのがブロック塀の倒壊による負傷です。
規格にあっていない・老朽化している・
ひび割れや破損箇所があるなどの場合は、
修理・補修や生垣に変えるなどの対策をしましょう。

ブロック塀・門扉の点検のイラスト

家具の転倒防止・落下物の対策

大地震時は、タンスや食器棚が倒れてケガをすることがあります。
家具などは、家具転倒防止金具などでしっかり固定しておきましょう。

家具の転倒防止・落下物の対策のイラスト

消火用品の用意

大地震時は火災により被害が拡大することがあるため、
日ごろから火の元に注意するとともに、万一の出火に備えて消火器を用意し、
その使い方を身につけておきましょう。

消火用品の用意のイラスト

ベランダや屋根

風水害が発生すると、ベランダの鉢植えや物干し竿は、
飛ばされる恐れがあります。
また、瓦のずれやトタンのめくれ・はがれがある場合も同じことです。
家族や周囲の人のケガを防ぐため、事前に室内へ取り入れておきましょう。
また、屋根の補修も忘れず行いましょう。

ベランダや屋根の補修のイラスト

窓ガラス・雨戸

窓ガラスのひび割れ、雨戸や窓枠のがたつきを確認してください。
風圧や強風による飛来物に備え、外側から板でふさぐ・
ガムテープを×印に貼るなどして補強を行いましょう。

窓ガラス・雨戸の確認のイラスト


お問い合わせ先
市民安全課 (窓口210番)
大和郡山市役所 (〒639-1198  大和郡山市北郡山町248-4)
電話 0743-53-1151 (内線629・630番)
FAX 0743-53-1049
フォームでのお問い合わせはこちら