このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 暮らし > 消防・救急・防災 > 防災 > 応急手当

応急手当

  災害が発生したときは、まず身の安全の確保に努め、火災などの二次災害を防ぐことが最も大切なことです。万一、負傷してしまったら、または負傷した人に出会ったら応急手当を実施し、周囲の人と協力し合い、病院や救護所への搬送手段を講じましょう。
  応急手当は日ごろから練習しておき、しっかり身につけておきましょう。

骨折の時の手当て

  傷があるときはまずその手当てをします。骨折部に副木をあて、副木が動かないようにして骨折部の両側の間接も固定します。
骨折したときにちょうど良い副木があるとは限りません。身の回りで利用できるものを見つけておきましょう。

添え木に利用できるものの例(イラスト)
添え木に利用できるものの例

ガラス片が刺さったとき

無理に抜かないで、動かないように固定する。

無理に抜かないで(イラスト)

止血法

直接圧迫止血法

出血しているところに直接ハンカチやガーゼなどで強く圧迫します。

直接圧迫止血法のイラスト

間接圧迫止血法

脈の触れるところを強く圧迫し、その部位より先の血流を遮断します。

間接圧迫止血法足の場合(イラスト)
足の場合

間接圧迫止血法腕の場合(イラスト)
腕の場合


お問い合わせ先
市民安全課 (窓口210番)
大和郡山市役所 (〒639-1198  大和郡山市北郡山町248-4)
電話 0743-53-1151 (内線629・630番)
FAX 0743-53-1049
フォームでのお問い合わせはこちら