このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 暮らし > 消防・救急・防災 > 消防 > 大和郡山市消防団へようこそ!

大和郡山市消防団へようこそ!

消防団トップロゴ

市民の皆さん!消防団ってご存じですか?
消防団は、地域の有志のメンバーが、
仕事や日常生活のかたわら、いざという時に
ボランティア精神をもって、
防火防災活動に携わっている団体です。


新着情報・お知らせ

「全市避難訓練」に参加しました
(平成29年11月12日)

今回は市の初めての試みである市内全エリアを対象とした「全市避難訓練」に消防団員約240名が参加しました。市から発信される緊急速報メール(エリアメール)に合わせ、メールが届かない人に向けて消防車からの広報、不審者の警戒、災害状況の無線報告及び写真送信による報告等を行いました。                   

消防団巡回の様子 自治会での避難訓練の様子避難所の巡回の様子 給水訓練の視察の様子

消防団では大災害に備え、詰所の耐震化、事業所協力のもと災害時には飲料水を取り出せ、通信機器等を充電できる消防団災害対応型飲料販売機設置を行ってきました。
また、大災害時の消防団の具体的な活動方針を定めました。詳しくは、こちらをご覧ください(PDF形式43KB・テキストリンクをクリックすると、別ウィンドウで開きます)。

【消防団長より】
11月12日に消防団も全市避難訓練に参加いたしました。
今回を機会に今後の課題として、実際大災害が起こった時、消防団は、各分団庫を地域の防災拠点とし、消火救護活動はもちろん、情報収集、避難広報、防犯、危険区域の立入禁止などを即座に慌てずに行動できるように訓練していく所存です。
また、今時点で想定できる案件、想定外の案件にどう対応したらいいか、住民の身体生命を守るにはどうすればいいか、より良い方法を常に検討し訓練内容に取り組んでまいりたいと考えております。

消防団員普通救命講習を実施しました
(平成29年11月12日)

大和郡山消防署において、消防団員普通救命講習を実施しました。新規消防団員を中心に胸骨圧迫と人工呼吸による心肺蘇生の方法やAEDの使用方法、救命処置や応急処置について学びました。胸骨圧迫では思っている以上に強く、早く行うことに皆驚いてましたが、積極的に質問も出て、あっという間の3時間でした。

あいさつの様子 講習の様子 実践の様子

「第43回親子まつり」消防警戒警備を実施しました
(平成29年11月3日)

今回はは郡山城跡において「第43回親子まつり」消防警戒警備を実施しました。また、今回は初めての試みとして、女性分団員による防災講習やおたのしみくじを行い、用意していいた商品もあっという間になくなりました。たくさんの人で賑わいました、何事もなく無事終えることができました。 

朝礼の様子 ブースの様子 警備の様子


消防団長あいさつ大和郡山市消防団の概要
あなたも消防団に入団できます!学生のみなさん!消防団に入団しませんか!
訓練風景を公開します出初式は消防団活動の「華」これが知りたい!消防団Q&A


消防団長ごあいさつ

消防団長画像
大和郡山市消防団長
藪田 全孝

桜も満開になり、消防団も心新たに新年度スタートしました。
市民の皆様には、今年度も引続き消防団活動にご協力ご支援のほどお願い申し上げます。
そして、住民が安全で安心して暮せる住みよい町のため、災害時における自主防災組織との具体的な役割分担、警察署や消防署との連携などの協議を重ねてまいる所存です。
また、全団員には、防災リーダーとしての自覚、そのための防災教育訓練、想定訓練などの実施を行なっていく予定ですので今後ともよろしくお願いいたします。

大和郡山市消防団の概要

大和郡山市消防団の概要は、下記からご覧いただけます。(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)

あなたも消防団に入団できます!

大和郡山市内在住の18歳以上で、健康で地域を支えようという意欲を持った方であれば、男女を問わず入団できます。(定員は市内全域で310名です) 


市内には、消火活動を主とする消防団の分団が地区別に19あり、それぞれ消防ポンプ車が1台ずつ配備されています。

消防団・消防ポンプ車

また、消火活動には直接携わらず、消防団の広報や日頃の防火啓発活動を行う分団もあり、合計20分団で構成されています。

消防団・消防ポンプ車

学生のみなさん!
消防団に入団しませんか!

地域の安心安全を守る、地域の縁の下の力持ち、究極のボランティアである消防団にあなたも参加しませんか?
消防団の役割は火災・水害などから地域住民を守ることですから、チームで困難に立ち向かい、自らの安全を確保するため、整列・敬礼・命令・服従など厳しいルールがあります。
しかし、一旦、その仲間に入れば、気の良い人たちです。地域の大人たちとの世代間交流で、自分を磨いてみませんか?
また、学生の皆さんには就職活動支援の一環として消防団活動の実績を市が公的に認証する「大和郡山市学生消防団活動認証制度」があります。

訓練風景を公開します

毎年8月~9月頃に大和郡山消防署において消防団の合同訓練を行っています。消防団にちょっとでも興味が湧いたあなた!一度のぞいてみませんか?(予約不要)

消防団・消防ポンプ車

出初式は、消防団活動の「華」

毎年1月7日~13日の間の日曜日に、消防出初式を挙行しています。
平成29年から、矢田山町の総合公園施設に場所を移し、園児も加わった行進、放水披露、消防車の展示など、内容も一新していますので、ぜひお越しください。

これが知りたい!消防団Q&A

Q1:消防団と消防署は何が違うの?

A1:消防署は常勤の職員が交代勤務で火災・災害・救急活動を行うプロの集団(常備消防)であるのに対して、消防団は他に職業を持つ一般の住民の方が地域の防災を担う(非常備消防)ものです。

Q2:消防団の身分はどうなってるんですか?

A2:消防団員は、市の非常勤公務員となっています。

Q3:消防団の活動でケガをしたときに補償はありますか?

A3:活動中のケガなどあった場合は、その程度により消防団員等公務災害補償等共済基金より補償されます。また、障害が残る等の場合はその程度により、消防団員福祉共済より共済金が給付されます。

Q4:入団するにはどうすればいいのでしょうか?

A4:まずは消防団事務局である市役所の市民安全課までお問い合わせください。

お問い合わせ先
市民安全課 防災統轄係 (窓口210番)
大和郡山市役所 (〒639-1198  大和郡山市北郡山町248-4)
電話 0743-53-1151 (内線629番)
FAX 0743-53-1049
フォームでのお問い合わせはこちら