このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを元に戻す印刷用ページ表示
トップ > 暮らし > 届出・手続き > 申請書ダウンロード > 騒音規制法、振動規制法に基づく特定建設作業の届出

騒音規制法、振動規制法に基づく特定建設作業の届出

当該作業の7日前までに届出が必要となります。
「騒音」の解説「振動」の解説

作業名騒音/振動備考
くい打機を使用する作業騒音・振動騒音;もんけんを除く。
アースオーガーと併用する作業を除く
振動;もんけん及び圧入式くい打機を除く。
くい抜機を使用する作業騒音・振動振動;油圧式くい抜機を除く。
くい打くい抜機を使用する作業騒音・振動騒音;圧入式くい打くい抜機を除く
アースオーガーと併用する作業を除く
振動;圧入式くい打くい抜機を除く。
びょう打機を使用する作業騒音 
さく岩機を使用する作業騒音作業地点が連続的に移動する作業にあっては、1日における当該作業に係る2地点間の最大距離が50メートルを超えない作業に限る。
空気圧縮機を使用する作業騒音電動機以外の原動機を用いるものであって、その原動機の定格出力が15キロワット以上のものに限る。
さく岩機の動力として使用する作業を除く。
コンクリートプラントを設けて行う作業騒音混練機の混練容量が0.45立方メートル以上のものに限る。
モルタルを製造するための作業を除く。
アスファルトプラントを設けて行う作業騒音混練機の混練重量が200キログラム以上のものに限る。
バックホウを使用する作業騒音一定の限度を超える大きさの騒音を発生しないものとして環境大臣が指定するものを除き、原動機の定格出力が80キロワット以上のものに限る。
トラクターショベルを使用する作業騒音一定の限度を超える大きさの騒音を発生しないものとして環境大臣が指定するものを除き、原動機の定格出力が70キロワット以上のものに限る。
ブルドーザーを使用する作業騒音一定の限度を超える大きさの騒音を発生しないものとして環境大臣が指定するものを除き、原動機の定格出力が40キロワット以上のものに限る。
鋼球を使用して建築物その他の工作物を破壊する作業振動 
舗装版破砕機を使用する作業振動作業地点が連続的に移動する作業にあっては、1日における当該作業に係る2地点間の最大距離が50メートルを超えない作業に限る。
ブレーカーを使用する作業振動手持式のものを除く。作業地点が連続的に移動する作業にあっては、1日における当該作業に係る2地点間の最大距離が50メートルを超えない作業に限る。


上記の作業を行う場合、届出書に現場地図と工事工程表を添えて、環境政策課までそれぞれ2部提出してください。(受付後1部返却します)