このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 暮らし > 年金・保険 > 国民健康保険 > 「ジェネリック医薬品についてのお知らせ」をお送りします

「ジェネリック医薬品についてのお知らせ」をお送りします

ここ最近、ジェネリック医薬品が注目されています。

ジェネリック医薬品とは、最初に作られた薬(先発医薬品:新薬)の特許が切れてから作られた薬です。厚生労働省により新薬と効き目や安全性などが同等と認められたものが生産されています。

(参考)

 

そこで、大和郡山市では国民健康保険に加入している人を対象に、「ジェネリック医薬品についてのお知らせ」をお送りします。

このお知らせは、ジェネリック医薬品への変更を強要するものではありません。
みなさんがジェネリック医薬品を使うかどうかの参考資料としてお役立てください。

ジェネリック医薬品の効き方などには個人差があります。
また、症状などにより切り替えができない場合もあります。
ジェネリック医薬品への切り替えを考えるときには、医師・薬剤師に十分にご相談ください。

院内処方では、ジェネリック医薬品に対応できない場合もあります。

 

対象

次のすべてにあてはまる人にお送りします。

  1. 大和郡山市国民健康保険に加入している人
  2. 大和郡山市国民健康保険の保険証を使って薬局で薬を処方された人
  3. ジェネリック医薬品に切り替えたときに、薬代の負担が軽くなる可能性の高い人

 

発送予定

1年に3回程度お送りする予定です。

 

内容

ジェネリック医薬品に切り替えることで、どのぐらい薬代が軽減できるのかを具体的にご案内します。

現在お使いの薬を、主成分(薬効成分)が同一のジェネリック医薬品に切り替えた場合の、薬代の負担軽減額の一例です。

注意

  • ジェネリック医薬品は複数存在する場合もありますので、軽減が見込まれる金額にも幅があります。
  • 実際に薬局などで支払う金額には、調剤料、指導料などが含まれ、端数処理されています。実際の支払額と「お知らせ」の内容とは異なる場合がありますので、あくまで参考としてご活用ください。
  • ジェネリック医薬品に変更しても、薬局などでの支払額が下がらない場合もあります。

(画像をクリックすると、拡大して表示されます)

 

ジェネリック医薬品希望カードをご活用ください

ジェネリック医薬品を希望することを簡単に伝えられます。
お手元にお持ちでない場合や、追加での交付を希望される場合は、市役所保険年金課までご連絡ください。

 ジェネリック医薬品希望カード(サンプル)

 

お問い合わせ先
保険年金課  (窓口102番)
大和郡山市役所 (〒639-1198  大和郡山市北郡山町248-4)
電話 0743-53-1151 (内線321・324・341番)
FAX 0743-53-1049
フォームでのお問い合わせはこちら