このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 暮らし > 各種市民相談窓口 > 大和郡山市消費者センター > 大和郡山市消費者被害防止対策機器購入費補助金について

大和郡山市消費者被害防止対策機器購入費補助金について

悪質な電話勧誘販売や、振り込め詐欺などの被害を防止するため、振り込め詐欺等の被害を引き起こす可能性のある電話の着信を自動で判別し、着信拒否する機能を有する電話機または電話機に接続して用いる機器の購入に対し補助金を交付します。

補助金額補助対象になる機器の例対象者募集件数
申請受付期間申請方法申請後の流れ問合せ・申請受付窓口

補助金額

対象機器の購入費用およびその設置に要する費用の1/2で上限10,000円(100円未満切り捨て)
(注)付随するサービスの加入料・利用料等は対象になりません

補助対象になる機器の例

  • シャープ製:迷惑電話フィルタサービス対応機種 JD-AT81、UX-AF91
    詳しくは、こちらのページもご覧ください
    (外部リンク・シャープ製品サイトへ)
  • パナソニック製:迷惑ブロックサービス対応機種 VE-GD60、VE-GD66、KX-PD600、KX-PD615
    (注)販売店によって品番が異なる場合があります。
    詳しくは、こちらのページもご覧ください
    (外部リンク・パナソニック製品サイトへ)
  • トビラシステムズ:トビラフォン
    詳しくは、こちらのページもご覧ください
    (外部リンク・トビラシステムズ製品サイトへ)

(注)別にナンバーディスプレイなどの番号表示サービス契約が必要となります。

対象者

以下の1~4の全てに当てはまる人

  1. 大和郡山市内に住所を有し、かつ現に居住している者
  2. 大和郡山市内に住所を有し、かつ現に居住する世帯で使用するために対象機器を購入した者(1世帯1台限り、事業用は除く)
  3. 申請者及び機器を使用する世帯の世帯主に市税の滞納がないこと
  4. 使用状況等について、市が行うアンケート等に協力できること

募集件数

30件程度(申請書提出先着順)

申請受付期間

4月1日~翌年3月31日

(注)ただし、受付期間中であっても申請件数が募集件数を超えた場合は締め切らせていただきます

申請方法

機器の購入前、または購入後から1ヶ月以内に補助金交付申請書を人権施策推進課市民相談室に提出してください。

【必要書類】
  1. 大和郡山市消費者被害防止対策機器購入費補助金交付申請書(様式第1号)
    (PDF形式86KB)
  2. 購入(予定)機器のカタログまたは取扱説明書の写し

申請後の流れ

1.交付申請書に基づき審査の上、申請者に「承認」もしくは「不承認」の結果を通知します。

「不承認」の場合は、補助金は交付できません。

2.「承認」された場合は、予定機器を購入し、実績報告書を提出してください(1ヶ月以内)。

【必要書類】
(1) 大和郡山市消費者被害防止対策機器購入費補助金機器購入実績報告書(様式第7号)(PDF形式73KB)
(2) 購入機器に係る領収書(宛名は申請者宛で、購入機器の型番が明記されているもの)

3.実績報告書に基づき、補助金の交付額を決定します。
4.補助金請求書を提出してください。

【必要書類】
(1) 大和郡山市消費者被害防止対策機器購入費補助金請求書(様式第9号)(PDF形式68KB)

5.請求書に基づき、指定口座に振り込みます。(請求書提出後1ヶ月以内)

問合せ・申請受付窓口

大和郡山市人権施策推進課 市民相談室
(大和郡山市役所2階 窓口213番)
電話0743-53-1151 (内線245)


Adobe Readerのダウンロードページ

(注) PDF形式データをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらよりAdobe Readerをダウンロードしてください。(無償) (外部リンク・新しいウィンドウが開きます)

お問い合わせ先
人権施策推進課 市民相談室 (窓口213番)
大和郡山市役所 (〒639-1198  大和郡山市北郡山町248-4)
電話 0743-53-1151 (内線245番)
FAX 0743-53-1211
フォームでのお問い合わせはこちら