このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 暮らし > 各種市民相談窓口 > 児童虐待の通告 > 児童虐待と疑ったら迷わず通告を!

児童虐待と疑ったら迷わず通告を!

電話のイラスト

秘密は守られます。相談については、プライバシーを尊重し秘密を守ります。

(注) 通告義務や秘密が守られる法律は、児童虐待防止法・児童福祉法に記載されています。

 

児童虐待とは・・・

親または親に代わる保護者などが、子どもに対して次のような行為をすることをいいます。
(これは親の意図にかかわらず、子どもの視点で判断します。)

  • 身体的虐待
    なぐる、ける、おぼれさせる、異物を飲ませる、戸外に閉め出す 等
  • 心理的虐待
    言葉によるおどし、無視、他のきょうだいと差別する、家の中でDV(ドメスティックバイオレンス)が行われている 等
  • 性的虐待
    わいせつな行為をする、わいせつな行為をさせる
    (身体にさわる、性行為の強要、わいせつな写真・ビデオを見せる、ポルノグラフィーの被写体にする 等)
  • ネグレクト(養育の放棄または怠慢)
    家に閉じこめる、病気やケガをしても病院に連れて行かない、
    食事を与えない、衣服が不潔、身体が不衛生、車の中に放置する 等

こんな「子ども・保護者(親)」が心配・・・

次のようなことに気づいたら、相談機関に連絡または相談してください。
あなたのひと言が、子どもと保護者(親)を救うことになります。

子どもについて、

  • いつも子どもの泣き声や保護者の怒鳴っている声が聞こえる。
  • 不自然なアザやキズがある。
  • 衣服や身体が汚れていたり、臭いがする。
  • 食べ物に執着が強かったり、いつも空腹でいる。
  • 表情が暗い。誰にでもなれなれしい。
  • 夜遅くまで外にいたり、家に帰りたがらない。

保護者(親)について、

  • 「しつけ」といって、たたいたり、怒鳴る。
  • 小さい子どもを家においたままよく外出している。
  • 子どもの扱いが乱暴であったり、態度が冷たい。
  • 地域で孤立している。

子育てをしている方へ・・・

  • イライラして、ついたたいてしまう
  • 暴言を吐いたり、育てにくさを感じるなど、悩んでいたなら・・・

しんどいとき不安なときは、ひとりで悩まず、信頼できる人や相談機関に相談しましょう。

相談・通告は下記機関へ

  • 大和郡山市役所こども福祉課子育ち支援係
    電話 0743-53-1151 (内線526)
  • 奈良県中央こども家庭相談センター(児童相談所)
    電話 0742-26-3788
お問い合わせ先
こども福祉課 子育ち支援係 (窓口119番)
大和郡山市役所 (〒639-1198  大和郡山市北郡山町248-4)
電話 0743-53-1151 (内線526番)
FAX 0743-53-1049
フォームでのお問い合わせはこちら