このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 暮らし > 防犯・安全 > 安全 > 交通安全ワンポイントアドバイス

交通安全ワンポイントアドバイス

歩行中の交通事故防止対策

  • 道路を横断するときは信号機や横断歩道のある場所で、しっかりと左右の安全確認をして渡りましょう。
  • 信号の変わり目は大変危険です。無理をせず、次の青信号まで待ちましょう。また、押しボタン式信号機設置場所では、ボタンを押して歩行者用信号機の青色を確認して渡りましょう。
  • 斜め横断は大変危険です。しっかりと左右の安全を確認の上、直角に最短距離で横断しましょう。
  • 夜間の外出時は、少しでも早く運転者に気づいてもらえるよう、明るい目立つ色の服装とピカピカグッズを身につけましょう。
    また、道路横断する時は、できるだけ明るい場所を選びましょう。
  • 自宅近くの通り慣れた場所での交通事故が多発しています。
    道路横断時は気を抜かず、しっかりと左右の安全確認をしましょう。

変わり目には1回待ちましょう(イラスト) 反射材をつけましょう(イラスト) 横断歩道などのあるところを渡りましょう(イラスト)

周りをよく見ましょう(イラスト) 反射材例のイラスト

自転車乗車中の交通事故防止対策

  • 止まれの標識がある交差点は勿論、見通しの悪い交差点では、必ず止まってしっかりと左右の安全確認をしましょう。
  • 進路を変更するときは、周囲の安全(特に後方の安全)を確認しましょう。
  • 歩道を通行するときは、歩行者の通行の妨害にならないよう注意しましょう。
  • 狭い場所や危険な場所では、自転車を降り、押して通行しましょう。
  • 夜間利用するときは、必ずライトをつけ、反射材等をつけましょう。

『自転車安全利用五則』を守りましょう!

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
    ・ 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
    ・ 夜間はライトを点灯
    ・ 交差点での信号遵守と一時停止と安全確認
  5. 子どもはヘルメットを着用

交差点では一時停止(イラスト) 反射材をつけましょう(イラスト)

交通法規を守りましょう(その1)(イラスト) 交通法規を守りましょう(その2)(イラスト)

二輪車(原付含む)運転中の交通事故防止対策

  • 交差点では信号を遵守し、一時停止と安全確認を励行しましょう。また、無理な追い越しや渋滞時のすり抜け等、危険な運転はやめましょう。
  • 先行車両が右折待ちをしているときは、十分減速して対向右折車両の有無や動静に注意しましょう。
  • 前車が右折しても直ぐ右折せず、前車の陰になっている対向車の確認のため待機しましょう。
  • 左折車両に巻き込まれる事故が多発しています。先行車両の直ぐ左後方を走行しないように注意しましょう。
  • ヘルメットの着用の徹底と、万一に備えて胸や背中を守るプロテクターを装着しましょう。

自動車運転中の交通事故防止対策

  • 交差点では、一時停止を確実にして左右の安全確認をしましょう。
    (見通しの悪い交差点での出会頭事故が多発してます。)
  • 駐車場から道路へ出る際は、歩道の自転車や歩行者にも注意して、左右の安全確認を確実にしましょう。
  • 夕暮れ時は、ヘッドライトを早めに点けましょう。(日没時間の30分前にライトを点けるようにしましょう。)

    おおむねの日没時刻
    1月 17:00 | 2月 17:30 | 3月 18:00
    4月 18:20 | 5月 18:45 | 6月 19:10
    7月 19:10 | 8月 18:30 | 9月 17:45
    10月 17:15 | 11月 16:45 | 12月 16:45

    交差点では左右の安全確認を(イラスト) ヘッドライトを早めにつけましょう(イラスト)
     
  • 携帯電話をかけながら、たばこを吸いながらの「ながら運転」はやめましょう。
  • シートベルトは、安全運転の第一歩です。
    また、大切なお子さんの命を守るために、チャイルドシートを確実に着けましょう。
  • 車はブレーキをかけても直ぐには止まりません。速度が速ければ速いほど、止まるまでの距離が長くなります。スピードは控えめにして、車間距離をとり、ゆとりを持った運転を心がけましょう。
  • 飲酒運転は悪質な犯罪です。
    酒を飲んだら運転しない。
    飲んだ者には車を貸さない・運転させない・同乗しない。
    運転する者には酒を出さない・勧めない。
    飲酒運転を根絶するため、ハンドルキーパー運動に積極的に参加しましょう。
飲酒運転根絶 ハンドルキーパーのイラスト

(注) ハンドルキーパー運動とは
  家族や仲間同士が自動車で飲食店等に行くとき、メンバーの中でお酒を飲まない人(ハンドルキーパー)を決めて、その人は一滴もお酒を飲まずに、仲間を 安全に自宅まで送り届ける飲酒運転根絶のための運動のことです。

ながら運転はやめましょう(イラスト) チャイルドシートを確実につけましょう(イラスト) シートベルトをつけましょう(イラスト)

最近、交通ルールを守らない大人をよく目にします。
子供を交通事故から守るためにも、大人が子供の手本となる行動をしてください。
お問い合わせ先
市民安全課 (窓口210番)
大和郡山市役所 (〒639-1198  大和郡山市北郡山町248-4)
電話 0743-53-1151 (内線625番)
FAX 0743-53-1049
フォームでのお問い合わせはこちら