このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 暮らし > 税金 > 寄附金 > 大和郡山市ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)のご案内

大和郡山市ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)のご案内

大和郡山市ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)のトップ(写真)

大和郡山市ふるさと応援寄附金とは、大和郡山市を愛し、応援してくださる皆様から寄附金をいただき、大和郡山市を発展させるための事業に活用する制度です。魅力的なまちづくりを進めるため、「大和郡山市ふるさと納税」で大和郡山市をご支援ください。
なお、この制度を利用してお寄せいただいたご寄附は、ふるさと納税による寄附金控除の対象となります。


1.概要 /2.寄附と税務申告の流れ /3.ふるさと納税ワンストップ特例制度
4.ご寄附のお申し込み /5.記念品 /6.大和郡山市のいま

1. 概要

  • ふるさと納税とは、ふるさとへ贈る寄附金
    ふるさと納税とは「ふるさとを大切にしたい」「ふるさとの発展に貢献したい」「大好きなあのまちを応援したい」という気持ちを形にしようとするもので、ふるさとなどの自治体へ寄附を行った場合、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります)。大和郡山市では、全国のみなさまからご寄附をいただき、様々な事業を進めて参りたいと考えています。みなさまの応援をよろしくお願いします。
    (注)ふるさと納税を行い、所得税・住民税から控除を受けるためには、原則として確定申告を行う必要があります
     
  • 平成27年度税制改正において、ふるさと納税制度の拡充が行われました。
    (1)特例控除額の上限が引き上げられ、ふるさと納税枠が約2倍になりました。
    自己負担額の2,000円を除いた全額が控除される限度額である「ふるさと納税枠」が、平成27年1月1日以降、約2倍に拡充されました。
    (2)「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。
    確定申告の不要な給与所得者等がふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組みです。
     
  • 総務省ふるさと納税ポータルサイトへ
    http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html
    (外部リンク・新しいウィンドウで開きます)

2. 寄附と税務申告の流れ

  • 寄附者本人
    (1) 寄附を申し込む
    (2) 寄附金を払い込む
    (3) 領収書を大切に保管する
    (4) 領収書を添付し確定申告する(最寄りの税務署へ)
  • 税務署または住所地の市町村
    (5) 還付金がある場合、還付されます。
    (6) 控除後の税額で翌年度の住民税が課税されます。

(参考)

  • 国税庁のホームページで確定申告書を作成することができます。
    確定申告書等作成コーナー
    (国税庁ホームページ)(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)
  • 税金の控除について
    (総務省ホームページ)(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)

3.ふるさと納税ワンストップ特例制度

平成27年4月1日より、控除を受ける際に確定申告が不要になる「ワンストップ特例制度」が創設されました。
この制度は、確定申告を行わない給与所得者等がふるさと納税を行う際に申請をすることにより、寄附者の個人住民税が課税されている市町村へ、寄附先の市町村が寄附金控除の手続きを代わりに行うことで、控除を受けられる特例的な仕組みです。
この制度を利用できる方は、以下の2つの要件に該当する方のみとなります。

  1. 給与所得のみの方などで、確定申告を行う必要がない方
  2. 寄附した年の1年間にワンストップ特例申請をする市町村数が5団体以下の方

【注意事項】

  • 給与所得のみの方でも、医療費控除などの各種控除、株式などの所得を申告する方は対象外となります。
  • また、ワンストップ特例申請をする市町村数が5団体を超えた場合は、申請が無かったものとみなされます。この場合は確定申告が必要となりますのでご注意ください。
(1)申請方法

寄付金受領後に寄附金の受納書とあわせて申請書をお送りしますので、上記の2つの要件に該当し、制度の利用を希望される方はご提出ください。

(2)申請書の内容に変更があった場合

申請書の提出後、寄附した年の翌年の1月1日までに住所・氏名などに変更があった場合は、寄附した年の翌年の1月10日までに以下の変更届出書を提出してください。

4. ご寄附のお申し込み

インターネットでのお申し込みは・・・

こちらのページからお申し込みをお願いします。
「ふるさとチョイス」のページへ

(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)

郵送・ファックスでのお申し込みは・・・

所定の「寄附申込書」に必要事項を記入して、郵送かファックスで、下記へお申し込みください。

【郵送・ファックス送信先】
〒639-1198大和郡山市北郡山町248-4
大和郡山市企画政策課
FAX 0743-53-1049


【寄附金の送金方法】

ア.納付書払い
寄附申込書受領後、大和郡山市から納付書をお送りします。下記の金融機関へ納付書を持参し、払い込みをお願いします。手数料はかかりません。

・みずほ銀行
・三菱東京UFJ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・京都銀行
・近畿大阪銀行
・南都銀行
・中京銀行
・奈良信用金庫
・大和信用金庫
・奈良中央信用金庫
・近畿労働金庫
・奈良県農業協同組合
・ゆうちょ銀行または郵便局(いずれも近畿2府4県内に限る)

イ.口座振込
寄附申込書受領後、大和郡山市から文書で口座番号をお知らせいたします。最寄りの金融機関からお振り込みください。寄附受領後、確定申告等のための受領証明書を郵送いたします。
(注) 誠に恐縮ですが、振込手数料は寄附される方の負担とさせていただきます。
(注) 振り込め詐欺には十分ご注意ください。
(市役所の職員が電話で振込先を指示することはありません)

ウ.現金書留
寄附申込書を同封のうえ、次の宛先に現金書留にて郵送ください。
【宛先】〒639-1198大和郡山市北郡山町248-4
大和郡山市役所 企画政策課
(注) 誠に恐縮ですが、郵送にかかる費用は寄附される方の負担となります。


Adobe Readerのダウンロードページ

(注) PDF形式データをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらよりAdobe Readerをダウンロードしてください。(無償) (外部リンク・新しいウィンドウが開きます)

5. 記念品

大和郡山市に1万円以上ご寄附いただいたみなさま方には、金額に応じて、大和郡山市の特産品などの中からご希望の1点を、記念品として贈らせていただきます。
ぜひとも大和郡山の金魚をご家庭で飼って、のんびりとご観賞いただき心を豊かに癒されてください。
また、ご家庭で大和郡山の特産品などで、ふるさとを懐かしんでいただくことを願っています。

記念品の内容につきましては、こちらのページをご覧ください
(リンク先から寄付のお申し込みもできます)

(注)特産品については、季節により変動があります。
(注)記念品(特産品など)の贈呈は、年度内(4月~翌年3月)に、お一人様1回とさせていただいておりましたが、制限回数をなくしました。

市民からの大和郡山市ふるさと応援寄附に対するお礼の品に関するお知らせ
大和郡山市では、ふるさと応援寄付をいただいた方に対して、皆様にお礼の品を贈呈させていただいておりましたが、この度国からの指導により、大和郡山市内に在住の方に対してのお礼の品の贈呈を取りやめさせていただくこととなりました。誠に申し訳ございませんが、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

6. 大和郡山市のいま


大和郡山市は、古い歴史を持つ町です。
昔の石垣を残し、満開の桜に賑わう郡山城跡や、いまも城下町の面影を残す町々。
古くから人々の信仰に守られてきた矢田山の山寺。
町の東に広がる田園に見える環濠集落など。

ぜひ、「平和のシンボル、金魚が泳ぐ城下町。」大和郡山市にお越しください!
郡山城の写真
郡山城天守台付近の写真郡山城天守台付近の写真
「お城まつり」の写真「夏まつり」の写真
春には郡山城跡一帯で「お城まつり」が開催され、たくさんの人が訪れます。こおりやまの夏の風物詩の1つとしておなじみの「やまとの夏まつり」。家族連れで賑わいます。
「金魚すくいの日」の写真「記憶力大会」の写真
8月の第3週の日曜日は「金魚すくいの日」。「全国金魚すくい選手権」が開催されます。古事記編さんに重要な役割を果たし、記憶力が抜群であった稗田阿礼が大和郡山市稗田町出身であったことにちなみ、「記憶力大会」を2月に開催しています。
「親子まつり」の写真 
11月には「親子まつり」が開催され、たくさんの親子連れで賑わいます。 
お問い合わせ先
企画政策課 (窓口203番)
大和郡山市役所 (〒639-1198  大和郡山市北郡山町248-4)
電話 0743-53-1151 (内線232番)
FAX 0743-53-1049
フォームでのお問い合わせはこちら