このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市の紹介 > 基本情報 > 姉妹都市 > 姉妹都市・山梨県甲府市

姉妹都市・山梨県甲府市

大和郡山市は、山梨県甲府市と姉妹都市を提携しています。
(平成4年(1992年)1月 締結) 

甲府市の写真

歴史的「縁」

甲府市と大和郡山市との歴史的関係は、江戸時代の享保9年(1724年)3月、甲府城主である柳沢吉里が大和郡山に城替えを命ぜられた時に始まります。
甲斐は、江戸中期、宝永元年(1704年)から享保9年(1724年)まで、柳沢吉保・吉里が領有していました。この柳沢父子2代にわたる20年間は、甲府城の修築工事や都市の整備、施設建設などが行われ、物資の流通も活発化し、近世甲府城下に発展と繁栄をもたらした時代といわれています。
柳沢吉里の大和郡山転封の際は、領民は年貢を完納し、旧城主を見送る領民があとを絶たず、家臣とその家族を含め5,286人(大和郡山市史)が移住したといいます。吉里は大和郡山で経済を振興するため、養蚕を持ち込み奨励し、また、趣味で飼っていた金魚も運んだことから、明治以降金魚の養殖が盛んになり、現在日本で最大の産地となりました。
柳沢家は、明治維新まで6代にわたり郡山藩政を行い、現在でも甲斐から移り住んだ多くの子孫が残っているため、甲府を故郷と思う市民も多いといいます。

甲府市のホームページはこちら(新しくウィンドウが開きます。)