このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市の紹介 > 歴史 > 史跡・文化財 > 紫檀塗螺鈿厨子(千体仏厨子)

紫檀塗螺鈿厨子(千体仏厨子)

紫檀塗螺鈿厨子(したんぬりらでんずし)

紫檀塗螺鈿厨子(千体仏厨子)の写真

 丹後庄町千體寺の本尊である阿弥陀三尊像を納める高さ198センチ、幅142センチを測る大型の厨子です。
 平成13~14年にクリーニングなどの修理が行われました。

 黒漆塗りで、基壇の羽目板にインドと中国の浄土祖師像を1体ずつ計10体彩絵します。各像とも緻密な筆致で描かれています。基壇の天板や柱には朱漆で木目を描く紫檀塗が施されています。
 基壇の四隅に柱を建て屋根をのせます。当初は四方にとりはずしのできる一枚扉がはめ込まれ、四方から礼拝する特殊な安置方法がとられていたようです。
 製作時期は鎌倉時代13世紀と推定されています。

 現在は収蔵庫に安置されており、許可を取れば見学できます。