このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市の紹介 > 歴史 > 史跡・文化財 > 木造虚空蔵菩薩坐像

木造虚空蔵菩薩坐像

木造虚空蔵菩薩坐像(もくぞうこくぞうぼさつざぞう)

木造虚空蔵菩薩坐像(もくぞうこくぞうぼさつざぞう)の写真

 金剛山寺の塔頭北僧坊に伝来する像高86センチメートルの木造彩色像。桐材の一木造りで、平安時代9世紀の作と考えられています。

 虚空蔵菩薩は、虚空(大空)のように広大無辺な智徳をもつ菩薩のこと。蓮華座に左足を踏み下げて坐し、左手で宝珠をとり、右手に剣を握ります。

 堅太りの体格で、華やかな宝髻<ほうけい>を結い、強い表情をあらわしています。左足のすねにはリズミカルな翻波式<ほんぱしき>の衣文<えもん>を刻みます。

 全体の彫法は穏やかで、体躯の肉どりも均衡がとれています。

 博物館に寄されているため見学することはできません。