このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市の紹介 > 歴史 > 史跡・文化財 > 木造十一面観音立像

木造十一面観音立像

木造十一面観音立像(もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう)

木造十一面観音立像の写真

本堂内の三尊のうち左方に安置されていますが、当初は本像が本尊であった可能性が高いとされています。

像高217センチ、桐材の一木造りで、両肩から先は別材を接いでいます。下半身には天然のウロ(空洞)があります。左肩からたすき掛けにする条帛を乾湿の盛り上げで作ります。
脚部の衣文は平安前期の一木彫像に多い翻波式に刻まれます。天衣<てんね>の腕から下に垂れる部分、頭上面の大部分は後補。

やや中性的で可憐な容貌をもち、柳腰で下半身のよく伸びたしなやかな身のこなしが美しい。

技法、作風から8世紀後半の製作と考えられています。