このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを元に戻す印刷用ページ表示
トップ > 市の紹介 > 歴史 > 史跡・文化財 > 郡山城跡

郡山城跡

郡山城跡
(こおりやまじょうあと)

郡山城跡の写真

 郡山城は筒井順慶の築城(1580年)に始まる大和でもっとも大規模な城郭で、近世期には、豊臣家、水野家、松平家、本多家、柳澤家の居城となりました。

 城郭は徐々に整備されましたが、早くも豊臣秀長の時代にほぼ完成し、増田長盛(ましたながもり)の外堀普請(ふしん)によって城郭の規模が定まったとされています。すなわち、郡山城は内堀、中堀、外堀という三重の堀に囲まれた惣堀<そうぼり>の構えを持つものであり、この中に城郭の中心部や武家地、城下町が配置されたのでした。

 県の史跡に指定されているのは、天守郭、毘沙門郭(びしゃもんかく)、法印郭(ほういんかく)などの城郭中心部で、内堀や石垣が良好に残っています。近年、門や櫓(やぐら)などが復元され、往時の威容が復元されつつあります。散策道も整備されています。

 一帯は公園化されており、立ち入り、見学は自由です。

天守台展望施設が、平成29年3月に完成。
詳しくは、こちらのページをご覧ください


  • 郡山城CG再現プロジェクト
    (外部リンク・奈良産業大学のページへ)(新しいウィンドウで開きます)