このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市の紹介 > 歴史 > 史跡・文化財 > 絹本著色矢田地蔵縁起

絹本著色矢田地蔵縁起

絹本著色矢田地蔵縁起(けんぽんちゃくしょくやたじぞうえんぎ)

絹本著色矢田地蔵縁起の写真

矢田寺(金剛山寺)の地蔵にまつわる三つの話を二幅にわたって図絵化したもので、鎌倉時代以降に盛んになった地蔵信仰を背景に製作されたものです。通常は非公開となっています。

「満米上人地蔵像造立」、「武者所康生蘇生」、「広瀬小児蘇生」の三つの説話の内容を、双幅全面にうめる形式をとっており、鎌倉時代の説話画の一典型を示しています。満米上人は矢田寺中興の開山と呼ばれる平安時代初期の僧侶で、名は満慶といいました。

毎年4月にはこの矢田地蔵縁起にちなんで、満米上人の冥土往来を再現した「おねり供養」という行事が行われています。

通常は非公開です。