このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市の紹介 > 歴史 > 史跡・文化財 > 若槻環濠及び集落

若槻環濠及び集落

若槻環濠及び集落(わかつきかんごうおよびしゅうらく)

若槻環濠及び集落の写真1

徳治2年(1307)の大乗院領若槻庄土帳によればまだ環濠は存在せずに散村の状態であったことがわかります。しかし、文正元年(1466)の文正土帳には東端の庄屋屋敷と西端の宮地を中心に屋敷が集合し、堀が作られたようすが記載されています。その後、文禄4年(1595)の検地帳によれば、その二つの堀をつないで東西に細長い環濠が形成されていることがわかります。環濠は東西200メートル、南北70メートルの長方形をなしています。

 

若槻環濠及び集落の写真2

 

環濠の形成される過程が史料で裏づけされる貴重なものです。現在、西の天満宮の周囲の堀がもっとも幅広く、よく残されています。

見学は自由です。