このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市の紹介 > 歴史 > 史跡・文化財 > 割塚古墳

割塚古墳

割塚古墳(わりづかこふん)

 昭和43年(1986)に宅地造成に伴い調査された直径49メートル、高さ4.5メートルの大形円墳。埋葬施設は横穴式石室で、全長は13.6メートル。

 天井石を含めた上半部の石材は抜き取られていました。玄室<げんしつ>の中央に刳抜式<くりぬきしき>の家型石棺を安置しています。石棺内から鏡、耳飾りなどが出土し、石棺の周囲からは馬具<ばぐ>、挂甲<けいこう>、鉄鏃<てつぞく>、須恵器<すえき>などが出土しています。

 出土遺物などから6世紀前半に築造されたと考えられています。

 現在は千日町の住宅地の中に古墳公園として保存されていますが、石室は埋めもどされて見ることはできません。

割塚古墳の石室と出土した垂飾付耳飾りの写真

割塚古墳の石室と出土した垂飾付耳飾り