このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市の紹介 > 歴史 > 史跡・文化財 > 木造阿弥陀如来及両脇侍立像

木造阿弥陀如来及両脇侍立像

木造阿弥陀如来及両脇侍立像
(もくぞうあみだにょらいおよびりょうわきじりゅうぞう)

 洞泉寺の本尊。寄木作りの玉眼像で、構造自体はよくわかっていません。 中尊、脇侍ともに目鼻立ちよく整い、とくに中尊の衣文は流麗です。法衣や袈 裟には切金模様が施されており、蓮華丸文、蓮華唐草、菊、麻の葉つなぎ、亀 甲つなぎ、七宝つなぎ、立湧、雷文つなぎ、卍つなぎなどの多彩な文様が使わ れています。光背、台座は後補。

 三尊ともに鎌倉時代中期ごろの作と推定されています。

木造阿弥陀如来及両脇侍立像の写真