このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市の紹介 > 歴史 > 史跡・文化財 > 木造阿弥陀如来坐像

木造阿弥陀如来坐像

木造阿弥陀如来坐像(もくぞうあみだにょらいざぞう)

 現在は本堂の裏堂に安置されていますが、もともとは上念仏堂<かみねんぶつどう>に伝来したもの。八角裳懸座<はっかくもかけざ>に坐す半丈六坐像、像高137センチメートルを測ります。
 光背を失っていますが、台座の大半は当初のものです。作風は正統的な定朝様<じょうちょうよう>を呈し、極端細い目の見開きが印象付けるおぼろな表情は平安時代後期12世紀前半ごろの特徴を示しています。
 寄木造ですが、頭、体の幹部は十材、両足部は四材を矧ぎ寄せて作っています。これほどまでに細かな寄木法はたいへん珍しく、滋賀県仏性寺などにわずかな類例が知られるのみです。

木造阿弥陀如来坐像(もくぞうあみだにょらいざぞう)の写真