このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市の紹介 > 歴史 > 史跡・文化財 > 木造十一面観音立像

木造十一面観音立像

木造十一面観音立像(もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう)

木造十一面観音立像の画像

上三橋町の地福寺というお寺に安置されていたもので、像高170.5センチ、檜材の一木造りで、内刳りを施しません。地髪部と耳は乾漆を盛り上げて形作り、体部の各所にも乾漆の盛り上げが認められます。

奈良時代に盛んに用いられた木芯乾漆技法は、平安初期になっても一部では根強く受け継がれ、木彫りに部分的に乾漆を併用する作例も少なくありません。

本像もその一つで、仕上げの一部に乾漆を用いますが、一木彫成像らしく豊かな量感で、重厚な肉どりとなっています。衣文にはやや形式化しており、9世紀末ごろの製作と推定されています。

博物館に寄託されているため見学することはできません。