このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示
トップ > 市の紹介 > 歴史 > 史跡・文化財 > 旧川本家住宅

旧川本家住宅

登録有形文化財
旧川本家住宅(きゅうかわもとけじゅうたく)

旧川本家住宅外観

洞泉寺町に所在。本館、座敷棟、蔵及び納屋の3棟が登録されました。大正時代後期に建てられた遊郭建築で、道路に面して本館を建て、背後に座敷棟、納屋・蔵を配置します。

本館は木造三階建てで、棟札から大正13年(1924)に建築されたことが判明します。正面の表構えに組み込んだ連子を各階ごとに細かく意匠を変え、きわめて繊細な壁面を構成しています。間口も広く、格式の高い豪壮な造りです。

遊客を招き入れる一階の玄関、客間を並べて配する二・三階は当時の状況をよく残しています。全体として素木造りの比較的簡素な内装を施します。

座敷棟、納屋・蔵棟も同時期のものであり、近代遊郭の屋敷構えを知ることができる貴重な近代和風建築です。

近年では、まちづくり、観光、人権教育等において活用されています。見学は可能です(要申し込み)。

平成30年1月10日より、一般公開を開始します。
こちらのページをご覧ください