○大和郡山市視聴覚ライブラリーの設置及び管理運営に関する規則

昭和48年3月31日

大和郡山市教育委員会規則第6号

(設置)

第1条 社会教育法(昭和24年法律第207号)第5条第1項第13号の規定により、大和郡山市教育委員会事務局内に、大和郡山市視聴覚ライブラリー(以下「ライブラリー」という。)を置く。

(管理及び運営)

第2条 ライブラリーの管理及び運営は、大和郡山市教育委員会が行う。

2 ライブラリーの円滑な運営を図るため、ライブラリー運営委員会を置くことができる。

(事業)

第3条 ライブラリーは、次の事業を行う。

(1) 学校及び社会教育関係団体の利用に供するため視聴覚教材の制作及び器具の貸出し、整備、保管に関すること。

(2) 視聴覚器具、教材の利用指導に関すること。

(3) その他、ライブラリーの目的達成のため、視聴覚教育に関する団体との連絡調整に関すること。

(貸出しの範囲)

第4条 器具、教材は、教育的、文化的目的をもつて使用する場合に限り貸与する。

(使用手続)

第5条 器具、教材の貸与を受けようとするものは、借用申請書(別記様式)を教育委員会に提出し許可を受けなければならない。

(貸出期間)

第6条 貸出期間は4日間とし、貸出日及び返納日を含むものとする。

(転貸の禁止)

第7条 貸与を受けた器具、教材は、転貸してはならない。

(教材の使用条件)

第8条 貸与を受けた教材を使用するときは、ライブラリー登録済の器具を使用しなければならない。

(返納)

第9条 貸与を受けた器具、教材の返還は、期間内に確実に行わねばならない。期間内に返還し難い事由が生じた場合、速やかに、その旨を教育委員会に届け出てあらかじめその承認を得なければならない。

(弁償)

第10条 使用者が故意又は過失によりその使用した器具、教材に損害を与えたとき当該使用者は実費を弁償しなければならない。

(委任)

第11条 この規則のほか、必要な事項は教育委員会が定める。

附 則

この規則は、昭和48年4月20日から施行する。

附 則(平成元年教委規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年教委規則第8号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、現に敬称に殿を用いて作成されている用紙は、この規則の規定にかかわらず、当分の間、これを使用することができる。

附 則(平成14年教委規則第10号)

この規則は、平成15年1月6日から施行する。

画像

大和郡山市視聴覚ライブラリーの設置及び管理運営に関する規則

昭和48年3月31日 教育委員会規則第6号

(平成15年1月6日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和48年3月31日 教育委員会規則第6号
平成元年9月1日 教育委員会規則第3号
平成14年4月25日 教育委員会規則第8号
平成14年12月20日 教育委員会規則第10号