○大和郡山市ラブホテル等建築規制条例施行規則

平成8年9月11日

大和郡山市規則第27号

大和郡山市ラブホテル建築規制条例施行規則(昭和60年12月大和郡山市規則第53号)の全部を次のように改正する。

(構造及び設備)

第2条 条例第2条第2号に規定する規則に定める構造及び設備は、次の各号に掲げるものをいう。

(1) 営業時間中自由に出入りすることができる玄関で外部から内部を見通すことができるもの

(2) エントランスホール及びロビーと一体となったフロント、帳場又はこれらに類する施設(以下「フロント等」という。)並びにこれに併設する事務室

(3) 宿泊又は休憩のために利用する客以外の客にあっても利用できる食堂、レストラン又は喫茶室及びこれらに付随する厨房、配膳室等の施設

(4) 宿泊又は休憩のために利用する客以外の客にあっても利用できる応接室、会議室又はこれらに類する施設

(5) フロント等から各客室に通じる共用の廊下、階段、昇降機等の施設で、宿泊又は休憩のために客室を利用する者が通常使用する構造のもの

(6) 建築物の1階の駐車場及びピロティーの面積の合計が、建築面積の3分の1未満である建築物

(7) 建築物の1階及び2階に男女別共用便所を設ける構造

(8) 周囲の生活環境を害するおそれのない素朴な外観、形態、意匠及び色彩

(届出等)

第3条 条例第3条の規定による届出をしようとする者は、ホテル等(旅館業法(昭和23年法律第138号)第2条第2項に規定する旅館・ホテル営業又は同条第3項に規定する簡易宿所営業の用に供する建築物をいう。)にあってはホテル等建築届出書(様式第1号)、ぱちんこ屋(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項第4号に規定する営業(まあじやん屋を除く。)を目的とする施設をいう。)及びゲームセンターにあってはぱちんこ屋及びゲームセンター建築等届出書(様式第2号)に、次の各号に掲げる書類を添えて正副2通を市長に提出しなければならない。

(1) 付近見取図(2,500分の1の縮尺のもの)

(2) 面積求積図

(3) 配置図

(4) 各階平面図(施設の種別、面積及び数を明示したもの)

(5) 立面図(4面以上で外観の意匠及び色彩を明示したもの)

(6) 屋外広告物の図面(設置箇所、形状、意匠及び色彩を明示したもの)

(7) その他市長が必要と認めるもの

2 前項の規定による届出は、次の各号に掲げる申請又は協議を行う前にしなければならない。

(1) 建築基準法(昭和25年法律第201号)第6条第1項の規定による確認の申請

(2) 都市計画法(昭和43年法律第100号)第32条の規定による協議

(3) 農地法第4条及び第5条の規定に基づく届出若しくは許可申請

(4) 奈良県風致地区条例(昭和45年奈良県条例第43号)第2条第1項の規定による許可の申請

(通知)

第4条 市長は、前条の規定による届出があったときは、条例第3条第2項の規定に基づくその結果を様式第3号に定める通知書により、届出者に通知するものとする。

(同意)

第5条 市長は、第3条の届出等があったときは、様式第4号に定める同意通知書又は様式第5号に定める不同意通知書により、届出者に通知するものとする。

(完了届)

第6条 前条の規定により同意を得た者は、当該建築等が完了したときは、建築等完了届(様式第6号)により速やかにその旨を市長に届け出て、届出内容及び同意条件に適合しているかどうかの確認を受けなければならない。

(指導及び勧告)

第7条 条例第6条第1項の規定による指導及び勧告は、建築等指導・勧告書(様式第7号)により行うものとする。

(中止命令)

第8条 条例第7条の規定による建築等の中止命令は、建築等中止命令書(様式第8号)により行うものとする。

(立入調査職員証)

第9条 条例第8条第2項に規定する身分を示す証明書は、様式第9号とする。

(審議会)

第10条 条例第10条に規定する大和郡山市ホテル等建築規制審議会(以下「審議会」という。)は、次の各号に掲げる者のうちから市長が委嘱する。

(1) 市議会議員

(2) 公共団体を代表する者

(3) 学識経験者

(審議会の会長)

第11条 審議会に会長を置き、委員の互選によってこれを定める。

2 会長は、会務を総理し、審議会を代表する。

3 会長に事故があるときは、あらかじめ会長の指名する委員がその職務を代理する。

(審議会の会議)

第12条 審議会は、会長が招集し、会長が議長となる。

2 審議会は、委員の過半数が出席しなければ会議を開くことができない。

3 審議会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(審議会への関係者の出席)

第13条 会長は、必要があると認めるときは、審議会に関係者の出席を求め、説明又は意見を聴くことができる。

(審議会の庶務)

第14条 審議会の庶務は、都市建設部都市計画課において処理する。

(その他)

第15条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成8年9月17日から施行する。

附 則(平成14年規則第7号)

(施行期日)

1 この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成14年規則第19号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、現に敬称に殿を用いて作成されている用紙は、この規則の規定にかかわらず、当分の間、これを使用することができる。

附 則(平成19年規則第18号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に改正前の規則の規定に基づいて作成されている様式は、この規則の規定にかかわらず、当分の間これを使用することができる。

附 則(平成20年規則第6号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成30年規則第20号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

大和郡山市ラブホテル等建築規制条例施行規則

平成8年9月11日 規則第27号

(平成30年6月28日施行)