このページのメインコンテンツにスキップします
奈良県大和郡山市の概要とお知らせ、暮らし、観光情報、歴史を紹介
イメージ写真
Yamatokoriyama CityEnglish中文한국어Portuguese
イメージ写真

サイトマップを表示
文字のサイズ文字サイズを大きくする印刷用ページ表示

まちかどレポート

市民活動

アイデアサポート事業

大和郡山ゆかりの人々

トップ > まちかどレポート・市民活動 > まちかどレポート紹介 > まちかどレポート524 源九郎稲荷神社 第8回 夕涼み大会in洞泉寺町

まちかどレポート

まちかどレポート紹介

まちかどレポート524 源九郎稲荷神社 第8回 夕涼み大会in洞泉寺町

8月25・26日、源九郎稲荷神社において第8回夕涼み大会が執り行われました。 その盛り上がった様子の一部を画像にてご覧ください。

 

境内には神社の総代さん(語り部氏と自称されています)の手書きのPOPが立て看板に貼られて目立っていました。PCで作られたポスターより味があって良いとの声も聞かれ、立ち止まって見ていく人が多かったとのことです。

こうして、総代さんや近辺の人たちの手によって作られてきた夕涼み大会も今回で第8回。8月終盤のイベントとして定着してきています。今回は、次のような演目が進められました。

8月25日(土)のルフトムジカさんは、バイオリン・フルート・キーボードのアンサンブル。「風の盆」を歌い舞われる美和会・述彌会は三味線・笛や踊り方などで構成される大和郡山の人たちの会。

8月26日(日)の奈良大学津軽三味線同好会さんは津軽三味線演奏を届けてくださいました。

     

取りを務めるのは奈良を中心にご活躍のシンガーソングライター大垣知哉さんのライブ。素晴らしいものでした。大和郡山に伝わる源九郎狐の伝説の朗読を交え、大垣さんご自身がお作りになった奈良をモチーフにする歌の奉納など、本当に聞き惚れるようなライブでした。
(メンバー:尺八・松本 太郎、ギター・稲田 修平、パーカッション・上田 高史)

   

(まちかどレポーター アライさん)